SeattleJP Mobile App

WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼びかけ

WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼びかけ
Last Updated: 2024年4月5日By
WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼…

4月は「注意散漫運転撲滅月間」であり、ワシントン州パトロール隊はドライバーに対し、常に注意と用心を怠らないよう呼びかけている。

WSPのリック・ジョンソン広報担当は、「これは、私たちが運転する人々の心の最前線に持っていきたいことです」と語った。

キング郡の3月だけでも、WSPは636件の脇見運転事故を報告した。

「交通が減速しているときに注意散漫になると、高速道路での追突事故が多発します」とジョンソン氏。

運転手たちは、テクノロジーが発達した今日、運転中の携帯電話を避ける方法はたくさんあると言う。

「電話がかかってきたら、車と連動させるようにして、ハンドルから手を離さないようにしましょう」とユースフ・エルスウィフィ。

シアトルニュース SeattleJP

WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼

4月4日から10日までの注意散漫運転撲滅月間の一環として、WSPはさらにパトロールを強化するという。

WSPによると、3月は全体的に忙しく、警察官は4,043件のスピード違反、2,044件の攻撃的な通報、193件の飲酒運転に対応した。

ドライバーは、これらの統計は恐ろしいものであり、集合的に誰もがより良くする必要があると言う。

「運転は特権であり、奪われることもある。長い夜遊びの後にハンドルを握るのはやめましょう」とエルズウィファイ。

WSPによれば、こうした攻撃的な事件のなかには、高速道路での銃撃事件に発展したものもあり、巻き込まれないよう呼びかけている。

シアトルニュース SeattleJP

WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼

「ここでのゴールは、人々を安全に目的地まで送り届けることです」とジョンソンは言う。

WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼 – シアトルニュース
WSP、「居眠り運転啓発月間」にドライバーに注意を呼
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By