SeattleJP Mobile App

WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に与えることを目的とした法案を起草

WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に与えることを目的とし
Last Updated: 2024年4月8日By
WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に…

ワシントン発 – 米国を代表する2人の州議会議員が、すべてのアメリカ人にオンライン・プライバシーの権利を与えるという計画を発表した。この協定案は、前例のない連邦基準を設けるものである。

その目的は、アメリカ人が自らのオンライン・データを管理できるようにすることであり、あなたの知らないところで、あるいは同意なしに、あなたのデータを営利目的で使用することを禁止し、大手ハイテク企業を支配することである。

日曜日に、民主党のマリア・キャントウェル上院議員と共和党のキャシー・マクモリス・ロジャーズ下院議員は、超党派の草案「アメリカン・プライバシー法の提案」を発表した。

シアトルニュース SeattleJP

WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に

「アメリカはこれを望んでいるが、ワシントンの2人の女性が、それを成し遂げられることを示している」と、キャントウェルはZoomのインタビューを通じて語った。「この法案は、大手ハイテク企業が、人々、特に子どもたちの知識や同意なしに、利益のために追跡、予測、操作することを禁止するものです」と、マクモリス・ロジャーズ議員は同じZoomのインタビューを通じて語った。

月曜日、両議員は同じバーチャル・インタビューを通じて、このような措置の必要性を語っただけでなく、アメリカ人はこの措置に値すると主張した。

“今日、非常に多くの情報が収集されており、AIやその他の進歩により、人々は実質的にあなたをプロファイリングし、そのプロファイリング情報を、あなたが知らないうちに、あなたを差別する可能性のある人々が利用できるようにし始めています。” キャントウェルは、”私たちは、あなたの最も機密性の高いデータは、そのデータが販売されるかどうかを尋ねられ、その許可を与えなければならないと言いたいのです。” と語った。

シアトルニュース SeattleJP

WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に

目標は、以下の方法を規制する国内法を作ることである。

WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に – シアトルニュース
WA州議員、オンライン・プライバシーの権利を米国人に
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月8日By