SeattleJP Mobile App

UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性車椅子アスリートに

UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性車椅子アスリートに
Last Updated: 2024年4月5日By
UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性…

ミンダ・デントラーは、いつも他の子供たちとは違うと感じていたという。

子供のころの病気で、彼女は腰から下が麻痺してしまった。彼女はあきらめようとしたが、決してあきらめなかった。ワシントン大学の卒業生である彼女は、アイアンマン世界チャンピオンの称号を得るほどの偉業を成し遂げた。

インドのボンベイに生まれたデントラーは、幼児期にポリオに感染し、腰から下が麻痺した。孤児院に預けられた。

「それから3年後、私はアメリカ人家族の養子となり、ワシントン州スポケーンに引っ越した。

デントラーは幼少期をシュライナーズ・チルドレン・スポケーンで過ごした。

「足、腰、背中を何度も手術して、装具と松葉杖で歩けるようになりました」とデントラーは付け加えた。

デントラーの両親は、兄弟と同じように彼女にも期待していた。彼女は家事をこなし、学校での成績も期待されていた。

「両親は家に1000段の階段があるのですが、私が歩くだけでなく、松葉杖で上り下りすることを期待していました」とデントラーは説明した。

デントラーはスポーツ一家に育ったが、アスリートになったのは大人になってからだという。

「ニューヨークにいたときにハンド・サイクリングに出会って、ハンド・サイクリングのやり方を覚えたんです」。

車いすアスリートがトライアスロンに出場しているのを見て触発され、デントラーも同じようにやってみようと思った。それがわかると、彼女はハワイのビッグ・アイランドで開催されるアイアンマン世界選手権に照準を合わせた。

シアトルニュース SeattleJP

UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性

彼女は5年間トレーニングを積んだ。2012年、彼女はレースのためにハワイ島コナに降り立った。

「レースが始まってから、私の計画はすべて崩れ去ったようなものでした」とデントラーは説明した。

スイム中にゴーグルが外れたという。バイクに乗ると、60マイル地点ですべてが崩れ去った。

「スピードが遅かったから、コースから外れてしまった。とても悲しかった。とても悲しかった。

でもデントラーはあきらめなかった。それどころか、違う準備をし、専門家の助けを借りた。水泳のコーチをつけ、友人に高速道路で一緒に走ってもらった。

「本当に大きく変わったのは、自分を信じるということです」とデントラーは言う。「完走した女性の例はないけれど、私は本当に自分を信じることが必要で、それが完走するための最も重要な要素なのだと気づき始めた。

「2013年、私は再び戻った。

「とメニーノが言った。

「はい、やり遂げました。

「あなたにはどう感じましたか?とメニーノは尋ねた。

「高揚しました」とデントラーは答えた。

デントラーは、アイアンマン世界選手権を完走した最初の女性車椅子アスリートである。

シアトルニュース SeattleJP

UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性

彼女は最近、”The Girl Who Figured It Out “という本を書いた。この本は、娘のため、そしてどこの子供たちにも、自分と同じような人たちが夢を実現する姿を見せるためのものだという。

UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性 – シアトルニュース
UW卒業生、アイアンマン世界選手権を完走した初の女性
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By