SeattleJP Mobile App

NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックルの禁止を決議

NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックルの禁止を決議
Last Updated: 2024年3月25日By
NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックル…

フロリダ州オーランド発–NFLのオーナーたちは月曜日、全会一致でヒップドロップ・タックルの禁止を決定した。

フロリダ州オーランドで開催された年次リーグ総会で、各チームのオーナーがこの動きを発表した、と『アスレチック』紙が報じている。ESPNによると、この禁止はNFL競技委員会によって提案されていたが、NFL選手会や多くの現役選手、元選手が反対していたという。

ワシントン・ポスト紙によると、旋回ヒップドロップによるタックルは、試合中に15ヤードのペナルティが課せられ、試合後には罰金の可能性もあるとのこと。

このようなタックルには試合中15ヤードの罰則が科せられ、試合後には罰金の可能性もある。

NFL.comによると、ヒップドロップ・タックルは以下のような場合に行われる:

The Athletic』誌によると、最初の2ステップで相手を地面に倒したが、相手の足や脚の上に着地しなかった場合、そのタックルは合法となる。

シアトルニュース SeattleJP

NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックル

ヒップドロップ・タックルは、反則につながり、脳震盪のリスクを高めるタックルをする際にヘルメットを使用することを避けようとする選手たちの間で広まっている、と同ニュースアウトレットは報じている。

AP通信によると、NFL幹部のジェフ・ミラーによると、昨シーズンはヒップドロップ・タックルが230回使用されたという。その結果、15人の選手が負傷欠場した。

昨季は11月16日の試合中にシンシナティ・ベンガルズのラインバッカーがヒップドロップ・タックルを使用し、ボルティモア・レイブンズのタイトエンド、マーク・アンドリュースが重傷を負ったとESPNが報じた。

「NFL競技委員会のリッチ・マッケイ委員長は記者団に対し、「ヒップドロップはあまり使われないが、使われた場合はランナーにとって信じられないほどの怪我になる。「ランナーは純粋に無防備だ。私は以前、ディフェンダーがそう言うのを聞いたことがある。ここは打てない。どうすればいいんだ?そして、私の答えはいつも『それはできない。

「だから彼を守らなければならないし、他の方法を考え出さなければならない。

元NFLクォーターバックで、現在は放送キャスターを務めるロバート・グリフィン3世は、「我々が知っているフットボールが、ただのフィジカル・フラッグフットボールになるのは時間の問題だ」とツイートした。

シアトルニュース SeattleJP

NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックル

マッケイによると、全チームに教育ビデオが配布され、リーグ戦のヒップドロップ・タックルと反則のスイベル・ヒップドロップ・タックルの違いが選手に示されるという。

NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックル – シアトルニュース
NFLオーナー、物議を醸したヒップドロップ・タックル
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月25日By