SeattleJP Mobile App

2024年の日食: 日食を見るときは特定の色を着るべきか?

2024年の日食: 日食を見るときは特定の色を着るべきか?
Last Updated: 2024年4月5日By
2024年の日食:…

月曜日、皆既日食がアメリカの15州にまたがって見られる。

占星術家によれば、月の影が国土を横断するのに約4時間かかるという。空が最も暗くなる皆既食帯の幅は約115マイルに過ぎないが、48州にまたがるすべての州で、ある程度の部分日食を見ることができる。

NASAから高校の科学部まで、誰もがこの現象を研究し、実験を行い、データを収集することを計画している。

そして、もしこの日食を逃すと、2044年8月22日までアメリカで再び日食を見るチャンスはない。

さて、この大騒ぎにドレスコードがあることを誰が知っているだろうか?

もしあなたが日食を見る予定があり、自分なりの実験をしたいのであれば、服装を選ぶだけでそれが可能だ。

シアトルニュース SeattleJP

2024年の日食:

何を着るべきか?赤と緑がいいでしょう。

なぜかって?

それはプルキンエ効果によるものだ。

1787年から1869年まで生きたチェコの生理学者ヤン・エヴァンジェリスタ・プルキニエは、光の強度が低下すると、同じ明るさの青や緑の物体よりも赤や黄色の物体の方が早く色あせして知覚されることを発見した。

日食が始まると、色が違って見えるようになる。そこで、自分で日食の実験をしたい場合は、赤と緑が描かれた服を着てみよう。

日食があなたの地域にやってきて、月が太陽を追い越し始めたら、あなたの着ている色がどのように反応するかを見てみよう。

シアトルニュース SeattleJP

2024年の日食:

デトロイトFの記事によると

2024年の日食: – シアトルニュース
2024年の日食:
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By