SeattleJP Mobile App

2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被告に有罪判決

2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被告に有罪判決
Last Updated: 2024年3月22日By
2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被…

ワシントン州タコマ-陪審団は、タコマのサリシャン地区で2021年に発生した銃撃事件で4人を殺害した罪に問われていた男を、第一級殺人の4つの訴因すべてで有罪とした。

マレーク・ドミンク・ペイト被告(24歳)は、レイモンド・ウィリアムズ(22歳)、そのガールフレンドのナターシャ・ブリンスフィールド(22歳)、ウィリアムズの姉のマリア・ヌニェス・リース(42歳)、その息子のエメリー・リース(19歳)を殺害した罪で有罪判決を受けた。

ペイトの判決公判は4月11日に予定されている。

ペイトは被害者の1人と小学校5年生で同級生であったと伝えられているが、当局は、この射殺事件との関連や動機を示すものは他にないと述べている。彼は2021年に4件の加重殺人罪で起訴された。

シアトルニュース SeattleJP

2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被

2021年10月21日午後4時24分頃、タコマのエベレット・アベニュー4200ブロック付近で、ヌニェスが借りていた家の人が2発の銃声を聞き、家の裏の路地に銃を持った男が立っているのを見た。

起訴文書によれば、その人物は、発砲時、2、3人の被害者が路地の車の中にいて、1、2人の被害者が車の近くに立っていたと語った。

別の目撃者は、犯人が車に発砲するのを数回見たと警察に語った。路地では3人の犠牲者が発見された。目撃者によると、4人目の犠牲者はリーセと名乗ったが、ガンマンが追いかけてきて撃ったので、家の裏から通りに向かって走っていったという。

発砲事件後、刑事は容疑者の写真を載せた会報を送り、以前学校指導員として働いていた警官がペイトが容疑者であることを突き止めた。彼は2021年10月29日にタコマの自宅で逮捕された。

シアトルニュース SeattleJP

2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被

起訴状には、刑事が捜索中にペイトの自宅で9ミリ拳銃を発見し、現場で発見された弾丸と一致する弾薬を発見したと記されている、と既報の通りである。

2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被 – シアトルニュース
2021年タコマ市サリシャン地区での4人殺害事件で被
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月22日By