SeattleJP Mobile App

2020年のこの日: ウェスト・シアトル・ブリッジ、応力亀裂が発見され突然閉鎖

2020年のこの日:
Last Updated: 2024年3月23日By
2020年のこの日:…

2020年のこの日、ウェスト・シアトル・ブリッジは、橋を支える巨大な支柱の強度を弱める亀裂を修復するため、SDOTのエンジニアたちの手によって「無期限」で閉鎖された。

ゲイリー・ホーチャーが2020年に書いたように、「閉鎖期間の見積もりはさまざまだが、問題の複雑さから、修理には数カ月かかる可能性がある」。

閉鎖は2年以上続くだろう。

「ウェスト・シアトルの高架橋は、現時点では車両交通を安全にサポートできない懸念がある」と、2020年に当時のシアトル市長ジェニー・ダーカンは述べた。

シアトルニュース SeattleJP

2020年のこの日:

ダーカン市長は、エンジニアが何年も前から高層橋ウエスト・シアトル・ブリッジの応力亀裂を監視し、修復してきたと説明した。それでも2020年3月の検査では、ひび割れが支柱の強度を劣化させるほど深刻化していることがわかった。

SDOTのサム・ジンバブエ局長によると、ひび割れは非常に深刻で、パンデミック危機以前の典型的な交通量(1日あたり約10万台)に対して橋は安全ではなかった。

「われわれが目にしたひび割れの程度と種類は、われわれの構造工学の専門家たちを心配させ、現時点では公共の安全のために橋から実荷重の交通を排除している」とジンバブエは2020年に述べた。

SDOTのエンジニアによると、危険の多くは支柱の内部で、水や空気が浸入して構造を弱体化させているという。

シアトルニュース SeattleJP

2020年のこの日:

この橋は、推定9400万ドルをかけて補修され、2022年9月18日に通行が再開された。

2020年のこの日: – シアトルニュース
2020年のこの日:
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月23日By