SeattleJP Mobile App

雪はどこへ?ワシントン州の積雪量減少がスキー場に影響

雪はどこへ?ワシントン州の積雪量減少がスキー場に影響
Last Updated: 2024年1月1日By
雪はどこへ?ワシントン州の積雪量減少がスキー場に影響…

ワシントン州スノークアルミー・パス(SNOQUALMIE PASS)-雪はどこだ?スキーヤー、ボーダー、バックカントリー愛好家、そして峠を旅する人々でさえ、最近のワシントン州西部の峠の積雪不足に気づいている。

カスケード山脈とオリンピック山脈の積雪量は、Natural Resources Conservation Servicesのデータによると、現在平年の25%〜58%である。

この記事を書いている現在のサミットの状況は、降水量0%である。

今シーズンのスノークォルミー・パスの積雪は79インチで、昨シーズンより42%近く減少している。昨年12月末までのスノークォルミー・パスの積雪は189インチだった。

現在のスノークォルミー・パスの積雪量は28インチ。この時期の30年平均は54インチである。

シアトルニュース SeattleJP

ベーカー山も同様で、現在の積雪深は41インチと今季平均の68インチを下回っている。

最も積雪が少ないのはオリンピック山脈のハリケーン・リッジ付近で、記録的な低さである。新年現在、ウォーターホールSNOTELの積雪深は3.4インチである。

山間部の暖かい雨も積雪不足の一因となった。

スノークォルミー峠のI-90を一時閉鎖した12月初旬の大雪の後、雪は静かになったが、気象学者のクリスティン・クラークによると、冬はまだたくさん残っている。

シアトルニュース SeattleJP

カスケード山脈の峠では火曜日に2〜4インチの積雪が予想され、その後、金曜日から土曜日にかけて寒冷前線がカスケードのスキー場に雪を降らせる可能性がある。例えば、2013年から14年にかけての少雪の年は、1月1日には記録的な低雪に近かったが、多くの場所で平年並みに戻った。

雪はどこへ?ワシントン州の積雪量減少がスキー場に影響 – シアトルニュース
雪はどこへ?ワシントン州の積雪量減少がスキー場に影響
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月1日By