SeattleJP Mobile App

野郎は運んでいた」: 時速112マイルでレントンに衝突する数カ月前、ドライバーは減速するよう警告されていた。

野郎は運んでいた」:
Last Updated: 2024年3月25日By
野郎は運んでいた」:…

ワシントン州レントン-レントンで時速112マイルで赤信号を無視してバンに衝突し4人を死亡させたとされる18歳の男が、車両殺人、車両暴行、無謀運転の容疑で拘置所に収容された。

法廷文書によれば、ケント在住のチェイス・ダニエル・ジョーンズ(18)は、昨年3件の大事故を起こしている。

「道路が空いていた。私は間違いなく制限速度25を超えていた」とジョーンズ。

ケント警察(KPD)の警官が、5月の事故時の速度を推定するよう彼に求めたところ、ジョーンズは「40か50」と答えたことが映像からわかる。

「彼は通りをスピードで走っていたと言った……あの男は運搬をしていた」とKPDの警官が言っているのがビデオの中で聞かれている。

事故に巻き込まれたもう一人のドライバーは、ジョーンズのタホが猛スピードで近づいてきたとき、道路に入ろうとしていたと警察に語った。

「私がそこに出た頃には、ちょうど2つのライトがあり、彼らはとても速く走っていたので、私はそれをバックに入れて後進しようとしましたが、私が後進するためにバックに入った時には、それはすでに消えていました」と、ドライバーは警察に語った。

KPDの警官は現場を離れる前にジョーンズと彼の両親に話を聞き、警告を発した。

「ミスは起こる。教訓は学ぶ必要があります、あなたがそれを学ぶ限り、”2023年5月に警官がジョーンズに言った。

裁判記録によると、ジョーンズの次の事故は1月に起きた。

シアトルニュース SeattleJP

野郎は運んでいた」:

「ジョーンズは)別の車を全損させ、相手の運転手は(ジョーンズの)スピードのせいで(ジョーンズを)見ていなかったと訴えた」と検察は起訴文書に書いている。「これらの事故の両方で、(ジョーンズの)両親は警察より先に事故現場にいた」。

捜査当局によると、ジョーンズの2015年型アウディA4のデータは、彼が時速112マイルで運転し、赤信号を無視してトヨタ・シエナに衝突する前にブレーキをかけなかったことを示していた。

検察によると、ジョーンズが運転していた2015年型アウディA4は事故の1カ月前に購入されたものだった。

法廷文書によると、38歳のアンドレア・スミス・ハドソン、13歳のマチルダ・ウィルコクソン、12歳のエロイーズ・ウィルコクソン、12歳のボイド・バスター・ブラウンはジョーンズが衝突したバンに乗っており、”信じられないほど激しい衝突 “で “即死 “した。

関連記事:レントン衝突事故犠牲者の遺族が語る: 私たちの心は彼らを抱きしめて痛む

「ジョーンズは)スピードを出し、他の交通をかき分け、追い越しのために共用ターンレーンを使っていた。彼の運転はビデオにも収められている。目撃者は、時速40マイルの公道での彼の攻撃的な運転とスピードの出し過ぎを警告していた。キング郡検察局の上級副検察官であるエイミー・J・フリードハイムは、「彼の車の衝突データが目撃者の証言を裏付けている」と書いている。

被害者の家族は金曜日にメディアに語った。

「この恐ろしい事故を起こした青年のために祈ります。そして彼の家族のために祈ってください。神はジョーンズを愛しておられますし、私たちは彼のために最善を尽くしたいと願っています」とマチルダとエロイーズの父親であるチェイス・ウィルコクソンは語った。

シアトルニュース SeattleJP

野郎は運んでいた」:

ジョーンズは事故後、ハーバービュー・メディカル・センターに入院していたが、現在100万ドルの保釈金でキング郡の拘置所に拘留されている。

野郎は運んでいた」: – シアトルニュース
野郎は運んでいた」:
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月25日By