SeattleJP Mobile App

配管の凍結による被害を修復するため、24時間365日体制で地域全域で作業員が稼働している。

配管の凍結による被害を修復するため、24時間365日体制で地域全域で作業
Last Updated: 2024年1月15日By
配管の凍結による被害を修復するため、24時間365日体制で地域全域で作業…

パイプの破裂を防ぐには、キャビネットの扉を開け、換気口をふさぎ、通気口に段ボールを入れる。

ワシントン州ケント – 今週、気温が骨身に凍みるレベルまで下がり、寒波がサウンド全域のインフラに打撃を与えている。

パイプが凍結し、そして破裂し、企業や家庭に洪水を引き起こしている。

ケントウッド・アパートメントの住民に話を聞いたところ、この週末にパイプが破裂したとのことだった。その結果、そこの住人は24時間以上水が出なかったという。

「かなり長い間水が出ませんでした」と、このアパートに住むケイリー・リンドリスバッハーさんは言った。

日曜日に水が出なくなったそうです。

「洗濯もできないし、皿洗いもできない。何もできない。シャワーを浴びることもできません。「家の中のことを片付けるのはとても大変でした」。

修理が終わり、月曜日の午後には水が使えるようになった。

リンドリスバッハー氏は、「24時間何も出なかった」と語った。

この地域一帯の問題で、地元の配管会社のクルーはノンストップで働き続けている。

ビーコン・プラミング社では、電話が鳴りっぱなしだった。

シアトルニュース SeattleJP
「慌ただしいです」とケントに本社を置くビーコン・プラミングのオーナー、ビル・ケーヒルは言う。

ケント州に本社を置くビーコン・プラミングのオーナー、ビル・ケーヒルは言う。

「スモーキー・ポイントからオリンピアまで、まだ75台のトラックが出動しています。「これらはすべて、凍結したり、パイプが割れたり、炉が故障したものです」。

彼は、クルーは24時間365日、顧客からの電話に対応していると言う。

「3日3晩、夜遅くまで働きました」と彼は言った。

他の地域でも、パイプの問題が急増している。キング郡東部を管轄するイーストサイド消防救助隊は、12時間の間に312件の水道管破損に対応したという。

パイプの凍結を防ぐためのアドバイスがあった:

「パイプの破裂を防ぐには、キャビネットの扉を開け、換気口を閉め、段ボールを入れることです。モバイル・ハウスやモジュラー・ホーム、古いシアトル・ハウスやタコマ・ホームの場合は、換気口に段ボールを入れてください」とケーヒル氏。

冬場は庭のホースを外し、屋根裏やクロールスペースのパイプを断熱する必要があるという。

「裸のパイプが寒風にさらされると、パイプが裂けてしまいます」とケーヒル氏。

自宅やアパートのパイプが凍結するのを防ぐために、蛇口に水を垂らすこともできるそうだ。また、水を止めるバルブの場所を知っておくことも重要だという。

シアトルニュース SeattleJP

もしパイプが凍結したら、家の浸水を防ぐためにバルブを閉める必要がある。

配管の凍結による被害を修復するため、24時間365日体制で地域全域で作業 – シアトルニュース
配管の凍結による被害を修復するため、24時間365日体制で地域全域で作業
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月15日By