SeattleJP Mobile App

裁判所文書 容疑者は時速107マイルでメアリズビルのI-5で警官をはね、死亡させた。

裁判所文書
Last Updated: 2024年3月25日By
裁判所文書…

ワシントン州エバレット-法廷文書によると、ワシントン州パトロール隊員死亡の罪で起訴されたリンウッドの男は、彼のSUVが隊員のパトロール車両に衝突した時、時速107マイルで走行していた。

起訴状によると、クリストファー・ガッド隊員は3月2日早朝、32歳のラウル・ベニテス・サンタナが運転するGMCユーコン・デナリが、メアリスビルの州間高速道路5号線の南行き路肩に駐車していたガッドのWSP SUVに衝突し、死亡した。

目撃者がスノホミッシュ郡保安官代理に語ったところによると、デナリはスピードを出してハンドルを切り、ガッド警察官のパトロール車の後部に衝突した。その後、SUVは隊員の車から跳ね飛ばされ、高速車線に停車し、その後6人が乗ったバンに追突された。

ガッドはこの事故で死亡した。

シアトルニュース SeattleJP

裁判所文書

保安官代理によると、SUVのハンドルを握っていたベニテス・サンタナは目が充血しており、事故の数時間前にマリファナを吸っていたこと、クアーズ・ライト・ビールを2本飲んでいたことを認めた。

また、ベニテス・サンタナは不法入国者であった、と米国移民税関捜査局は述べた。

ベニテス・サンタナが運転していたデナリにはイベント・データ・レコーダー(EDR)が装備されていたため、刑事は捜査令状でそのデータを入手することができた。

「EDRは衝突前の5秒間のデータを記録していた。衝突1.5秒前のデナリの速度は時速112マイルと記録されていた。衝突5秒前から2.5秒前まで、被告はアクセルを99%踏み込んでいた。被告は衝突の1.5秒前までブレーキを作動させなかった(これにより衝突時の速度は時速107マイルに低下した)」と、正当な理由の文書に書かれている。

シアトルニュース SeattleJP

裁判所文書

ベニテス・サンタナは車両殺人と車両暴行の罪に問われている。

裁判所文書 – シアトルニュース
裁判所文書
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月25日By