SeattleJP Mobile App

絶妙なタイミング」: NASA、月を周回するサーフボード型のダヌリを撮影

絶妙なタイミング」: NASA、月を周回するサーフボード型のダヌリを撮影
Last Updated: 2024年4月10日By
絶妙なタイミング」:…

NASAは “絶妙のタイミング “で、月の軌道を周回するサーフボード状の物体を捉えた。

ルナー・リコネッサンス・オービターはNASAのために15年間月を監視してきたが、つい最近、先月マーベル・コミックから飛び出してきたような何かの画像を手に入れた。

しかし、それはエイリアンの宇宙船ではなかった。NASAによれば、それは韓国航空宇宙研究院が打ち上げたダヌリ月周回衛星であった。

韓国の探査機とLROは、3月5日と6日に「ほぼ平行な軌道を」反対方向に進んでいた。

シアトルニュース SeattleJP

絶妙なタイミング」:

2機の探査機は時速約72,000kmで飛行するため、メリーランド州のゴダード宇宙飛行センターに拠点を置くLROの運用チームは、2022年12月から月を周回しているダヌリの画像を撮影するために、「適切なタイミングで適切な場所」に装置を向ける「絶妙なタイミングが必要」だった。

カメラの露光時間は0.338ミリ秒と極めて短い。

それでも、両方の探査機は非常に高速で移動していたため、「ダヌリはダウントラック方向に10倍以上の倍率で不鮮明だった」と研究チームは述べている。

シアトルニュース SeattleJP

絶妙なタイミング」:

良い写真を撮るためには、画像の一部を回転させ、アスペクトを補正しなければならなかったと研究チームは述べている。

絶妙なタイミング」: – シアトルニュース
絶妙なタイミング」:
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月10日By