SeattleJP Mobile App

歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じていたと警察発表

歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じていたと警察発表
Last Updated: 2024年3月23日By
歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じて…

アラバマ州フォーリー-死亡ひき逃げ事故の現場から立ち去った罪に問われているアラバマ州の男が、鹿にぶつかったと信じていたと当局が発表した。

ボールドウィン郡保安官事務所のオンライン予約記録によると、フォーリーのケイレブ・ライアン・オーエンズ(42)は金曜日に逮捕され、死亡事故現場から立ち去った罪で起訴された。

WALA-TVが報じたところによると、彼はニコル・タシェーナ・テイト(30、フォーリー)の死で告発されている。テレビ局によると、郡道65号線とエアポート・ロードを歩いていたテイトさんは、木曜日の午後8時30分(日本時間)に現場で死亡が確認された。

AL.comが伝えたところによると、現場で働いていた捜査官は、午後11時(日本時間)ごろ、911に電話をかけたとされるオーエンズ氏から電話を受けたという。

「オーエンズ氏は、ソーシャルメディアかどこかで見て、あのあたりで鹿にぶつかったと思い、それを知らせるために電話したと言っていた」とフォーリー警察のサーストン・ブロック署長は語ったとWALAが伝えた。

シアトルニュース SeattleJP

歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じて

WKRG-TVによると、刑事はオーウェンズと話し、彼の2008年型白のBMWには、衝突事故と現場の証拠に「一致する」損傷があることを知った。捜査官は、オーウェンは当初協力的だったが、後に弁護士を要求したと付け加えた。

捜査官は、正当な理由を裏付ける十分な証拠があると判断し、オーエンは身柄を拘束された。

「私たちの手元にあるすべての証拠を総合的に見ると、彼が鹿だと思ったという話は信じられないし、結局のところ、彼はそのまま進むのではなく、止まって確認すべきだったのだ」とブロックは語った。「車道に落ちているものが何であるかはわからないが、安全かどうかは重要だ。

“確認するか、少なくとも通報するか、安全な道路脇に移動して通報し、何らかの理由で確認できない場合は私たちに確認させてください。” しかし、事故現場から離れないことです。

金曜日の審問でオーエンズの保釈金は3万ドルに設定された、

シアトルニュース SeattleJP

歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じて

もし有罪となれば、オーエンズは最高10年の禁固刑と最高15,000ドルの罰金を言い渡される可能性があるとAL.comは報じている。

歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じて – シアトルニュース
歩行者死亡ひき逃げで起訴された男、鹿をはねたと信じて
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月23日By