SeattleJP Mobile App

歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが再開通

歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが再開通
Last Updated: 2024年4月5日By
歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが…

ワシントン州スノーホミッシュ郡-アーリントンのインターステート5号線北行きは、金曜日の早朝、歩行者がはねられ死亡したため、全車線が閉鎖された。

ワシントン州運輸省(WSDOT)は金曜日午前5時15分、州道531号線付近の北行きI-5での死亡事故について最初にツイートした。ワシントン州パトロール隊員Kelsey Hardingsaidaの車がマイルポスト206のすぐ北で歩行者をはねた。

SR531付近で北行き全車線が閉鎖。SR531から北行きI-5へのオンランプも閉鎖されている、とハーディングは語った。WSDOTによると、この事故によるバックアップは午前7時前に約2マイルに及んだ。

ドライバーはハイウェイからSR531へ、そしてSR9、SR530へ迂回し、I-5北行きへ戻っている。WSDOTによると、エベレットからマウント・バージョンへ向かうドライバーはUS 2からSR 9へ。

シアトルニュース SeattleJP

歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが

ドライバーは代替ルートを利用し、朝の通勤時間帯はこの地域で遅延が発生することが予想される。

WSDOTによると、道路の再開予定時刻は未定。

シアトルニュース SeattleJP

歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが

WSDOTのウェブサイトでの最新の交通状況はこちら。最新情報をご確認ください。

歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが – シアトルニュース
歩行者がはねられ死亡したアーリントンのI-5北行きが
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By