SeattleJP Mobile App

最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡

最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡
Last Updated: 2024年4月11日By
最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡…

シアトル発–ミシェル・マイケルズの愛犬スティーヴィーが4月4日、白昼堂々、レイクシティの自宅外で射殺された。

アリッサ・フリカノはマイケルズのルームメイトで、この事件が起きた日、マイケルズから必死のメールを受け取ったという。

「ミシェルからスティーヴィーが撃たれたってメールが来たんだけど、よくわからなくて信じられなかったわ」と彼女は言った。

フリカノはその時仕事中で、急いで家に帰った。

「中に駆け込むと、ミシェルがスティービーを抱いていて、リビングルームで血を流して死んでいました」。

法廷文書によると、マイケルズは外に出ていて、どういうわけか裏庭から外に出たという。

「ミシェルは仕事の打ち合わせ中で、銃声を聞いて窓の外を見ると、スティービーが道に倒れていた」とフリカノは言った。

シアトルニュース SeattleJP

最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡

警察は犯人は近所のユスフ・マガンだと考えている。

「彼は銃を構えたまま通りかかり、3メートルほど離れたところからスティービーを撃った」とフリカノは語った。

法廷文書によれば、マガンはスティービーが自分に向かって突進してきたと警察に語ったという。

しかし、911に通報した目撃者は、スティーヴィーが “撃たれたとき、ただそこに立っていた “と証言している。

マガンは逮捕され、第一級動物虐待の罪に問われている。

「スティーヴィーに正義の鉄槌を下し、彼女がどれほど良い犬であったかを人々に理解してもらい、近所を銃を持って歩き回る人々をなくすためです」とフリカノは語った。

法廷文書によれば、マガンと彼の母親は警察に対し、「この犬はおよそ13年間ユスフを恐怖に陥れていた」と語ったという。

シアトルニュース SeattleJP

最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡

しかし、計算が合わない。

最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡 – シアトルニュース
最愛の救助犬がレイクシティの自宅外で撃たれ死亡
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月11日By