SeattleJP Mobile App

強盗事件の抑制を目的とした法案を議員提案

強盗事件の抑制を目的とした法案を議員提案
Last Updated: 2024年1月17日By
強盗事件の抑制を目的とした法案を議員提案…

ワシントン州オリンピア発-過去1年間、私たちはワシントン州西部で発生した現金強奪事件について幅広く報道してきた。調剤薬局やVAPEショップが主な標的だが、銃砲店、コンビニエンス・ストア、その他の小規模ビジネスも、ソーシャルメディアのトレンドに煽られて、この継続的な問題に巻き込まれている。 現在、2人の州上院議員がこの問題に議会が取り組むことを望んでいる。

カレン・カイザー上院議員は、中小企業が店舗のセキュリティを強化するための助成金プログラムを提案している。ケイザー上院議員は、この助成金は、ボラードや防犯カメラなど、強盗になりそうな人が店に押し入るのを阻止できるようなものに使うことができると述べた。

「大麻薬局に限らず、中小企業や小規模店舗に直接助成する。コンビニエンスストアやスポーツカードなど、ターゲットになりそうなものなら何でもです」と彼女は言う。「ボラードは)それほど高価なものではありません。そのような費用を出せない中小企業を助けることができるはずです」ケイザー上院議員のプランは、予算の一部となるだろう。金額は未定だが、中小企業1社あたり500ドルから1000ドルの間ではないかと彼女は推測している。

シアトルニュース SeattleJP
ジム・マキューン上院議員は、車を使って損害を与えたり、店内に侵入して犯罪を犯した者に対する罰則を強化する新法を提案している。

検察は強盗1号または2号で起訴し、さらに刑期を追加することもできる。

「マキューン上院議員は、「今日、あるマリファナ・ショップの人と話したのですが、彼は先月3回も被害に遭い、商品だけで10万ドルを失ったと言っていました。「しかし、法案を通過させても、追いつくのに時間がかかることもある。

シアトルニュース SeattleJP

マキューン上院議員の法案は法律司法委員会に付託された。

強盗事件の抑制を目的とした法案を議員提案 – シアトルニュース
強盗事件の抑制を目的とした法案を議員提案
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月17日By