SeattleJP Mobile App

強盗がタコマの会社の壁に穴を開け、数千円の商品を盗む

強盗がタコマの会社の壁に穴を開け、数千円の商品を盗む
Last Updated: 2023年12月27日By
強盗がタコマの会社の壁に穴を開け、数千円の商品を盗む…

ワシントン州タコマ発-タコマのビジネスがクリスマスの日に強盗に襲われ、オーナーは窃盗団が約30万ドル相当の商品を盗んだと推定している。

タコマのBellevue Rare Coinsのオーナーは、強盗は組織的な犯行であり、内部犯行の可能性もあると語った。

“私の反応は体調不良です。つまり、この感覚は今まで経験したどんな感覚とも比較になりません」とベルビュー・レアコインのCEO、エリック・フーラハンは語った。

フーラハンによれば、強盗はクリスマスの早朝に始まったという。泥棒は隣の空きビルに侵入し、共有の壁に穴を開けてベルビュー・レアコインズに侵入した。

「彼らはスレッジハンマーやツルハシで石畳を壊し、手ノコギリで乾式壁を切ったのでしょう」とフーラハン氏。

フーラハンによれば、モーションセンサーのアラームが午前6時頃に鳴った。タコマ警察も警報で駆けつけたが、何も見なかったという。

彼は、容疑者が何かでモーションセンサーをブロックし、出入りがばれないように間取りを把握していたに違いないと考えている。

「センサーに誤作動があっただけで、カメラは彼らが入ってきた壁から離れた方向を向いているため、カメラに映るはずの建物内には実際には入ってこなかったのだと思います」とフーラハンは語った。

フーラハンによれば、青いケージから商品を盗んだ容疑者は6人。彼は当初、50,000ドル相当の商品が盗まれたと考えていたが、現在では合計でおよそ300,000ドルになると見積もっている。

シアトルニュース SeattleJP

「檻の中に何が入っているかを熟知していた誰かでなければなりません」とフーラハンは言い、会社の方針として、どの檻にも5万ドルしか入れていないと付け加えた。「あの檻の中に5万ドル以上入っていると信じる理由はなかった。それも、内部犯行だと考える理由のひとつです」。

容疑者は建物内のカメラには映っていなかったが、建物の外からの監視カメラには白い車にバッグのようなものが詰め込まれているのが映っていた。それから数時間後、トラックも同様に満杯にされている。

“あの警報を無視したことを知り、とても責任を感じました。アラームを無視したのは私です。それはかなり厳しいことだ。私が彼らに勝たせてしまったということを飲み込むのは、かなり難しいことです」とフーラハンは言った。

父親が1978年にベルビュー・レアコインを創業し、近年まで犯罪とはほとんど無縁だったとフーラハンは言う。昨年強盗に襲われ、ウェスト・シアトルの旗艦店を閉鎖せざるを得なかったほどだ。

42年間、一度も犯罪に遭っていない。

「2020年から今日まで、何人の人が銃を持ってここに入ってきたか、何人の人が窓ガラスを割ってきたか、何人の人がドアを破ってきたか、そして今、壁を破って侵入してきたか、わからなくなりました」とフーラハンは言う。

家族経営のこの店は、金と銀の在庫を大幅に減らして商売のやり方を変えるかもしれないが、フーラハンは前向きに生きようとしている。

「私たちは今、これまでとは違う方法で革新し、これまでよりもさらに良いものを生み出すためのギアが入ったのかもしれません」とフーラハンは語った。

シアトルニュース SeattleJP

タコマ警察が捜査中で、今のところ誰も逮捕されていない。

強盗がタコマの会社の壁に穴を開け、数千円の商品を盗む – シアトルニュース
強盗がタコマの会社の壁に穴を開け、数千円の商品を盗む
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2023年12月27日By