SeattleJP Mobile App

大気河川が金曜の夕方からワシントン西部に影響を与える模様

大気河川が金曜の夕方からワシントン西部に影響を与える模様
Last Updated: 2024年1月26日By
大気河川が金曜の夕方からワシントン西部に影響を与える模様…

シアトル発-ワシントン州西部を大気の流れが金曜日遅くから来週初めにかけて襲う見込みであることから、全米気象局(NWS)は水文予報(Hydrologic Outlook)を発表した。

水文予報は、地域の河川が氾濫したり、すでに発生している洪水を悪化させる可能性のある大雨を知らせるために発表される。

大気河川は、時には数日間にわたって、中程度から大雨をもたらす。今回の最初の大気河川は、土曜日の午後まで低地に0.5インチから1.5インチ、山間部では2インチから4インチ、沿岸部では最大2インチの雨を降らせる可能性があると予想されている。

このシステムはまた、穏やかな気温をもたらし、標高7,000フィートから8,000フィートの間の雪面を上昇させ、雪解けをもたらすと予想されている。気温は日曜日までに平年より10度ほど高くなるかもしれない。

シアトルニュース SeattleJP

日曜日には2つ目の大気が流れ込み、山間部では1〜3インチの降水量が予想されるが、低地では少ない。

NWSによれば、この気象パターンにより、道路に水がかかったり、水はけの悪い地域では「軽度の迷惑な洪水」が発生する可能性があるという。

この雨の影響を最も受けると予想される地域は、オリンピック半島とノースカスケードだが、その状況は変わるかもしれない。長引く降雨により、スココミッシュ・リバーは数日間小氾濫期を超え、ある時点で中氾濫期に達する可能性がある。大雨は来週まで続く地滑りの危険性を高めている。

シアトルニュース SeattleJP

火曜日から水曜日にかけて、第3の大気河川が再び中〜大雨をもたらす見込みである。木曜日には気温が下がり、積雪レベルは峠レベルまで下がる見込みだ。

大気河川が金曜の夕方からワシントン西部に影響を与える模様 – シアトルニュース
大気河川が金曜の夕方からワシントン西部に影響を与える模様
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月26日By