SeattleJP Mobile App

午後5時を過ぎると、陽はいつ沈み始めるのか?ワシントンのどこにいるかによる

午後5時を過ぎると、陽はいつ沈み始めるのか?ワシントンのどこにいるかによ
Last Updated: 2024年1月25日By
午後5時を過ぎると、陽はいつ沈み始めるのか?ワシントンのどこにいるかによ…

シアトル発-ワシントンの冬のビッグ・ダークを恐れている人に朗報だ: 今週は、11月まで最後の午後4時の日没があった。

アメリカ海洋大気庁によると、1月25日、シアトル地域の日没は午後4時59分だった。木曜日は、午前7時44分に太陽が昇ってから約9時間15分の日照時間を記録した。

しかしポートランドでは、1月21日に初めて午後5時の日没を見た。ベリンガムでは今週末まで午後5時の日没は見られない。

日没のタイミングは、赤道からどれだけ北にあるかによって決まる。

timeanddate.comによると、2023年11月、サマータイムの終了に伴い、シアトルの日没は11月4日の午後5時47分から翌5日の午後4時45分に跳ね上がった。

それ以来、ワシントン州民の日照時間はどんどん短くなり、12月21日の1年で最も日照時間が短い日(冬の最初の公式日)まで、日照時間はわずか8時間25分となった。

シアトルニュース SeattleJP
シアトルでは、最初の午後5時の日没は1月26日金曜日である。日の出は午前7時43分で、日照時間は9時間17分。

日没は11月まで夜遅くまで続く。一年で最も昼が長いのは6月20日の夏至で、日の出は午前5時11分、日の入りは午後9時10分で、日照時間は15時間59分と推定される。

11月になると、サマータイムのための時計の変更に伴い、日没は11月3日(月)の午後4時に戻る。

ワシントン州議会では、年間を通してサマータイムに移行する新しい法案が検討されており、これによって夏の日没は遅くなるが、冬の間は変化が顕著になる。

マイク・パッデン上院議員(スポケーン・バレー選出)が提出したこの法案は、1時間の切り替えがもたらす公衆衛生への悪影響について論じている。法案が可決されれば、統一時間法は今年後半の11月4日に施行される。

花が咲き乱れ、春の陽気が徐々に暖かくなる季節が待ち遠しい人には、朗報がある。国立気象局(NWS)によると、冬の最終日は2024年3月19日だ。

シアトルニュース SeattleJP

「季節は、地球が23.5度傾いていることに起因している」とNWSは言う。「したがって、北半球は、6月には太陽の方向に傾き、12月には太陽から遠ざかる。

午後5時を過ぎると、陽はいつ沈み始めるのか?ワシントンのどこにいるかによ – シアトルニュース
午後5時を過ぎると、陽はいつ沈み始めるのか?ワシントンのどこにいるかによ
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月25日By