SeattleJP Mobile App

ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告

ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告
Last Updated: 2024年4月5日By
ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告…

ワシントン州ワトコム郡-プレスリリースによると、ワトコム郡の成人がキシラジン関連の過剰摂取により死亡した。同郡によると、この強力な動物用精神安定剤による死亡は今回が初めてとのこと。

リリースでは、ワットコム郡は、毒物検査の結果、フェンタニルやメタンフェタミンを含む他の薬物も検出されたと述べている。

シアトルニュース SeattleJP

ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告

キシラジンはオピオイドではないので、ナルカンやクロクサドのようなナロキソンスプレーでは過剰摂取を回復させることはできないと郡は述べている。しかし、キシラジンはフェンタニルと混合されることが多く、このスプレーはフェンタニルの過剰摂取を元に戻すことができるため、過剰摂取が疑われる場合はナロキソンを使用する必要があるとしている。

シアトルニュース SeattleJP

ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告

リリースによると、キシラジンは、人の呼吸、心拍数、血圧の危険な低下とともに、脳の活動を低下させる。当局は、過剰摂取が疑われる場合は必ず911に電話するよう呼びかけている。

ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告 – シアトルニュース
ワットコム郡、初の「麻酔薬」過剰摂取を報告
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By