SeattleJP Mobile App

ワシントン広域家族計画連盟と北アイダホ州、嫌がらせや脅迫に職員が直面していると発表

ワシントン広域家族計画連盟と北アイダホ州、嫌がらせや脅迫に職員が直面して
Last Updated: 2024年1月22日By
ワシントン広域家族計画連盟と北アイダホ州、嫌がらせや脅迫に職員が直面して…

シアトル発-家族計画連盟(Planned Parenthood of Greater Washington and North Idaho)は、脅迫や嫌がらせにより、地元スタッフの確保が困難になっていると述べた。ケアの需要増に対応しながら、スタッフ不足に対処している。

サラ・プレーガー博士は、ワシントン大学公衆衛生大学院の産婦人科教授である。

「州全体では、人工妊娠中絶の件数が25パーセントほど増加しています。

この増加は、1年半前に米国連邦最高裁が中絶の憲法上の権利を覆したドッブス判決の後に起こっている。現在、21の州で妊娠中絶が禁止されているか、確固たる制限がある。

シアトルニュース SeattleJP
マリア・キャントウェル上院議員の事務所によれば、ワシントンの中絶業者は月平均201件多く中絶を行っているという。キャントウェルの事務所によれば、州外の中絶患者の数は46%増加している。

「私たちのスタッフは、国内で最も厳しい妊娠中絶禁止法のひとつであるアイダホ州に近いことから、ユニークな脅迫や嫌がらせに直面しています」と、Planned Parenthood of Greater Washington and North IdahoのCEOであるKarl Eastlund氏は述べた。

Eastlund氏によると、自分が住んでいるコミュニティで診療することに抵抗がある医療者もいるとのことである。家族計画連盟は現在、需要を満たすために、他の地域からワシントン州東部にナースプラクティショナー6人を空輸している。

プラガーによれば、医師たちは法的にも恐れている。

シアトルニュース SeattleJP

「多くの臨床医は中絶について相談することさえ恐れ、中絶を必要とする患者にもっと正式な紹介プロセスを持つことを恐れています。「私の懸念は、人々が死んでいることです。妊娠中の人々が、このケアにアクセスできないために死んでいるのです」。

ワシントン広域家族計画連盟と北アイダホ州、嫌がらせや脅迫に職員が直面して – シアトルニュース
ワシントン広域家族計画連盟と北アイダホ州、嫌がらせや脅迫に職員が直面して
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月22日By