SeattleJP Mobile App

ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽化に対処

ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽化に対処
Last Updated: 2024年4月9日By
ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽…

ワシントン発-ワシントン・ステート・フェリー(WSF)は、夏の繁忙期を前に大々的な雇用と研修に取り組んでいる最中、新しいリーダーを迎えた。

人員不足によるフェリーの大幅な遅延や欠航、あるいは2023年4月の燃料中のバクテリアやカビによるベインブリッジ島でのワラワラ号の座礁など、船舶の故障に不満を示す乗客がいるこの時期に、スティーブ・ニーヴィーが国内最大のフェリーシステムの新トップに就任した。

「戦略的なビジョンを打ち出すことが私の仕事だと思っています」とネヴィーは火曜日のプレスイベントで述べ、7大陸すべてにわたる海運業界での経歴を詳細に説明した。

「乗組員とスタッフの配置が最も重要だと思います。そして、それは長期的なことであり、彼らがそれに取り組んでいることは知っています」と常連客のシメオン・ボールドウィンは語った。

シアトルニュース SeattleJP

ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽

2月から入手可能な最新のWSFのデータによると、12ヶ月間で138,500便以上の出航のうち、約84%が定刻通りであった。

火曜日の乗客たちは、ネヴィーがこの役割を担うことを楽しみにしており、仕事やその他の重要な予定に間に合うよう、より安定したスケジュールを望むと語った。

「妻はフレッド・ハッチ・シアトルがん治療センターで治療を続けているので、何度も往復しています。フェリーの欠航は大きな影響を与えます」とボールドウィンは説明する。

「十分なフェリーの運航、一貫性」とキングストンのジュリー・ピアッツァは付け加えた。

シアトルニュース SeattleJP

ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽

WSFの広報担当者は、要約して次のように報告している。

ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽 – シアトルニュース
ワシントン州フェリーの新リーダー、人員危機と船の老朽
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月9日By