SeattleJP Mobile App

ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運航責任者を任命

ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運航責任者を任命
Last Updated: 2024年4月9日By
ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運…

ワシントン発-ワシントン・ステート・フェリー(WSF)は、夏の繁忙期を前に大々的な雇用と研修に取り組んでいる最中、新しいリーダーを迎えた。

一部の乗客がフェリー・システムに対する信頼を失っているこの時期に、スティーブ・ネヴィーが新しい運営責任者に就任した。

2023年4月、燃料にバクテリアやカビが混入したためにベインブリッジ島でワラワラ号が座礁したように、人員不足の結果、あるいは船舶が故障した際に、特定の航路でフェリーの大幅な遅延や欠航を経験した人を探すのに遠くへ行く必要はない。

「乗組員と人員配置が最も重要だと思います。そして、それは長期的なことであり、私は彼らがそれに取り組んでいることを知っています」と常連客のシメオン・ボールドウィンは語った。

シアトルニュース SeattleJP

ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運

WSFの2月の最新データによると、12ヶ月間で138,500便以上の運航のうち、約84%が時間通りに運航されている。

火曜日の乗客は、ネヴィーがこの役割に就くことを楽しみにしており、仕事やその他の重要な予定に間に合うよう、より安定したスケジュールを望むと語った。

「妻はフレッド・ハッチ・シアトルがん治療センターで治療を続けているので、何度も往復しています。フェリーの欠航は大きな影響を与えます」とボールドウィンは説明する。

「十分なフェリーの運航、一貫性」とキングストンのジュリー・ピアッツァは付け加えた。

シアトルニュース SeattleJP

ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運

WSFの広報担当者は、要約すると、新しい従業員の雇用と、既存の従業員をより高い地位へと訓練することで前進したが、最大のニーズは以下の通りであると報告している。

ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運 – シアトルニュース
ワシントン州フェリー、春のスケジュール開始に伴い新運
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月9日By