SeattleJP Mobile App

ワシントン州の1週間平均食料品代は全米で4番目に高いことが判明

ワシントン州の1週間平均食料品代は全米で4番目に高いことが判明
Last Updated: 2024年1月18日By
ワシントン州の1週間平均食料品代は全米で4番目に高いことが判明…

シアトル発-ワシントン州西部で食料品がますます高くなったと感じるなら、新しいデータがその認識を裏付けるようだ。

HelpAdvisorによる国勢調査データの分析によると、ワシントン州の1週間あたりの平均食料品代は、米国48州の中で4番目に高い。アラスカとハワイは報告書に含まれていない。

調査によると、ワシントン州の世帯は毎週平均287.67ドルを食料品に費やしている。ワシントン州より上位は、カリフォルニア州(297.72ドル)、ネバダ州(294.76ドル)、ミシシッピ州(290.64ドル)である。HelpAdvisorの調べでは、全米の週平均は270.21ドルだった。

シアトルニュース SeattleJP

シアトルの世帯は、主要都市圏の中で週平均の食料品購入額が6番目に多い。シアトルの平均は289.23ドルで、マイアミ(327.89ドル)、ヒューストン(302.65ドル)、リバーサイド(300.50ドル)、サンフランシスコ(298.44ドル)、ロサンゼルス(295.33ドル)に次ぐ。

ワシントン州のボブ・ファーガソン司法長官は今週、キング郡で全国規模の食料品チェーン大手クローガーとアルバートソンズの合併を阻止しようとする訴訟を起こした。

シアトルニュース SeattleJP

両社は合併によって競争が激化し、価格が下がると主張しているが、司法長官事務所は、合併によってクローガー社がワシントンのいくつかの地域でほぼ独占状態になると主張している。司法長官事務所によると、クローガーとアルバートソンズはワシントン州内の食料品店の50%以上を所有し、300以上の店舗を運営している。また、クローガー社はフレッド・マイヤーやQFCといったブランドのオーナー兼オペレーターであり、一方アルバートソンズ社は、ワシントン州内のスーパーマーケットを経営している。

ワシントン州の1週間平均食料品代は全米で4番目に高いことが判明 – シアトルニュース
ワシントン州の1週間平均食料品代は全米で4番目に高いことが判明
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月18日By