SeattleJP Mobile App

ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして自分自身を射殺

ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして自分自身を射殺
Last Updated: 2024年4月10日By
ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして…

警察によると、ラスベガスの弁護士が月曜日の朝、同市内の法律事務所で子供の親権訴訟の宣誓証言中に元嫁とその新しい夫を射殺した。

犯人のジョセフ・ヒューストン(77歳)は、プリンス・ロー・グループでの宣誓証言中に発砲し、死亡したと当局が発表した。ヒューストンは元嫁のアシュリー・プリンス(30)とその夫のデニス・プリンス(57)を殺害した。

警察によれば、ヒューストンは自分自身に銃を向けて死亡した。

ラスベガス・レビュー・ジャーナル』紙が報じたところによると、ヒューストンは「立ち上がり、目を非常にギラギラさせ、ガタガタの表情で、拳銃を取り出し、(デニス・)プリンスを4発撃った」。

Review-Journal』紙によると、アシュリー・プリンスは、彼女と夫が射殺される数日前の宣誓証言で、民間の警備員について質問していた。

アシュリー・プリンスは、ジョセフ・プリンスの息子であるディラン・ヒューストンと親権争いの真っ最中であったとニューヨーク・タイムズ紙は報じた。

月曜の記者会見で、ラスベガス首都圏保安官のケヴィン・マクマヒルは、法律事務所で何が起こったかについて、警察には “仮説 “があると語ったが、詳細は語らなかった。

Review-Journal』紙によると、デニス・プリンスは、私立探偵が最近3月29日にヒューストンの飲酒運転を示す資料をディラン・ヒューストンに送っていた。

シアトルニュース SeattleJP

ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして

ヒューストンは銃撃事件の直前にプリンスにメールでこう返信した。そのために余計な時間が必要だったのか?幸運にもシャノン(・ウィルソン)を雇ったんだから、彼女の仕事のためにジョーンズとロベロに金を払い続けたくはないだろう。ハハハ、振り出しに戻ったようだな。あなたは何が起こるかわからない。

一行は、子どもの親権をめぐる裁判で証言するため、宣誓証言の場に集まっていた。

Review-Journal』紙によると、アシュリー・プリンスとディラン・ヒューストンの離婚判決では、2人の子供の共同親権が認められている。しかし、現在5歳と4歳の子供たちの親権は争われたままであった。

ジョセフ・ヒューストンは弁護士でもある息子の代理人を務め、デニス・プリンスは妻の代理人を務めていた。

銃撃事件の数時間後に提出された申立書の中で、アシュリー・プリンスの弁護士は、銃撃事件前後のディラン・ヒューストンの行動から、”このような凶悪な行為に及ぶ前に父親の意図を知っていたか、あるいは知っていたに違いない “と書いた。

ジョセフ・ヒューストンの妻キャサリンも供述調書に同席し、銃撃を目撃していた。

USAトゥデイ紙によると、ジョセフ・ヒューストンは末期ガンであった。

シアトルニュース SeattleJP

ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして

アシュリーとデニス・プリンスは乳児の両親であった。幼児とアシュリー・プリンスがディラン・ヒューストンと共有した2人の子供は、アシュリー・プリンスの妹に保護された。

ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして – シアトルニュース
ラスベガスの弁護士、宣誓証言で元娘婿とその夫、そして
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月10日By