SeattleJP Mobile App

マディソン・バレーの企業、連休明けから強盗に襲われていると語る

マディソン・バレーの企業、連休明けから強盗に襲われていると語る
Last Updated: 2024年1月22日By
マディソン・バレーの企業、連休明けから強盗に襲われていると語る…

近隣で空き巣が急増しているという事業主たち。

シアトル発-シアトル近郊のある地区で企業への強盗が相次ぎ、経営者たちはセキュリティー・システムを考え直している。

マディソン・バレー地区では、この1ヶ月の間に少なくとも6件が被害に遭っている。

私のデザインの多くは、クライアントと一緒に作っています」と、シアトルのマディソン・バレー地区にあるショップ『ファンシー』のオーナーでジュエリー・デザイナーのサリー・ブロックは言う。

ブロックさんは、バレンタイン・デーのプレゼントを探している人たちのために、春のギフト・ラインをディスプレイ用に出している。

「マディソン・バレーに店を構えて21年になる。

ダウンタウンで10年以上営業した後、心機一転しようと昨年、店をイースト・マディソンに移した。

「私の店は、この前まで20年間ダウンタウンの2番街にありました。ダウンタウンでの荒れた5年間を経て、ここに移転したとき、とにかく安全な場所にしたかったんです」と彼女は言う。

そのために、彼女は屋内に防犯カメラを設置し、窓にはアコーディオン式の金属製ケージを取り付けた。

シアトルニュース SeattleJP

「第二の防御よ。 「大音量のアラームもつけています」。

誰かがこの地域のいくつかの企業のセキュリティシステムをテストするのに時間はかからなかった。連休中以来、マディソン・バレーの事業主たちは攻撃を受けているという。

「クリスマスの頃から始まったと思いますが、ずっと続いています。「裏口に入ったら、裏口の取っ手が壊されていた。

玄関の鍵も同じだった。ドアハンドルも壊れていた。

「ドアの取っ手も鍵も全部なくなっていましたが、店には誰も入っていなかったので、本当にラッキーでした」と彼女は言った。

フューリー・エクストラオーディナリー・ウィメンズ・コンサイメントはクリスマス・イブに襲われたと、オンラインに掲載されている。また、近隣住民によると、ベル・エピキュリアンの窓ガラスは何者かに割られた後、最近張り替えられたという。

シアトル警察の犯罪統計ダッシュボードによると、2022年、マディソンパーク地区では26件の強盗事件が報告されている。 2023年には44件とほぼ倍増している。ブロックは現在、セキュリティ・システムに屋外カメラを追加する予定だ。他の企業も同じことを検討しているという。

屋外カメラをどこに設置するのか、どこに向けるのかが話題になっています」。

シアトルニュース SeattleJP

ブロックによれば、ここ数週間で侵入されたり破壊されたりした他の4つのビジネスからダイレクトメッセージを受け取ったという。

マディソン・バレーの企業、連休明けから強盗に襲われていると語る – シアトルニュース
マディソン・バレーの企業、連休明けから強盗に襲われていると語る
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月22日By