SeattleJP Mobile App

ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退任へ

ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退任へ
Last Updated: 2024年3月25日By
ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退…

ボーイング社は月曜日、デーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)が2024年末に退任する予定であることを発表した。

経営難に陥っている同社は、ボーイング商用機の社長兼CEOであるスタン・ディール氏が退任し、取締役会議長であるラリー・ケルナー氏が再選に立候補しないことも付け加えた。

1月にボーイング社の最高執行責任者(COO)に就任したステファニー・ポープ氏が、ボーイング民間航空を率いることになる。ケルナーの後任には、2020年からボーイングの取締役を務めている元クアルコムCEOのスティーブ・モレンコフが就任した。

シアトルニュース SeattleJP

ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退

カルフーンは2020年1月から飛行機メーカーのCEOを務めている。同社が発表した従業員への手紙の中で、彼はボーイングで働くことは “私の人生で最大の特権であった “と述べた。

「世界中の目が私たちに注がれており、私たちはこの瞬間をより良い会社として乗り越えられると確信しています。

「私たちは、過去5年間の並はずれた困難の後、会社を安定した状態に戻すために、安全性と品質を最優先にして、共に行ってきた仕事をやり遂げることに、引き続き全力を傾けるつもりです。

シアトルニュース SeattleJP

ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退

この続報はまた後日。

ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退 – シアトルニュース
ボーイングCEOデイブ・カルフーン、2024年末に退
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月25日By