SeattleJP Mobile App

ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ、着陸を余儀なくされる

ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ、着陸を余儀なくされ
Last Updated: 2024年4月7日By
ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ…

デンバー発-米連邦航空局によると、サウスウエスト航空のジェット機が日曜日の朝、離陸中にエンジンカバーが脱落し、翼のフラップに衝突したため、デンバーに戻った。

ボーイング737は無事着陸し、ヒューストンに向かう乗客は別の航空機に乗せられたとサウスウエスト航空は声明で述べた。

「遅延によりご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げますが、お客様と従業員の安全を最優先いたします。当社の整備チームが航空機を点検しています。

シアトルニュース SeattleJP

ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ

木曜日にはテキサス発の便がエンジン火災の報告を受けてキャンセルされた。テキサス州ラボック市の消防署は、2基のエンジンのうち1基から火災が発生し、消火が必要であることをオンラインで確認した。

FAAは両方の事故について調査している。

シアトルニュース SeattleJP

ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ

また、ボーイング社のCEOは昨年3,300万ドル近い報酬を得たが、300万ドルのボーナスを失った。

ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ – シアトルニュース
ボーイング737型機、飛行中にエンジンカバーが剥がれ
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月7日By