SeattleJP Mobile App

ボーイングの波乱は続く: 過去の墜落事故と安全問題を振り返る

ボーイングの波乱は続く: 過去の墜落事故と安全問題を振り返る
Last Updated: 2024年3月25日By
ボーイングの波乱は続く:…

ニューヨーク発-ボーイングはますます波乱に見舞われている。

アラスカ航空の新型機737マックスが飛行中にパネルが吹き飛んだ1月上旬以来、アメリカの航空機メーカーは強いプレッシャーにさらされている。この事故は、ボーイングが長年にわたって積み重ねてきた安全性と製造上の問題-マックス・ジェット機を巻き込んだ2件の壊滅的な墜落事故も含む-にスポットライトを当てた。

この混乱の中、リーダーシップの刷新も行われた。月曜日、ボーイング社はデビッド・カルフーンCEOが、より広範な経営陣の交代の一環として、年内で退任することを発表した。

“世界中の目が我々に注がれている “とカルフーンは従業員に宛てたメモに書き、退任は彼の決断であり、ボーイングは “より良い会社になってこの瞬間を乗り越えられる “と信じていると付け加えた。カルフーンは、2018年と2019年に起きたマックスの墜落事故を受けて前任者が解雇された後、2020年にCEOに就任した。

ボーイングは新型のマックス・ジェット機以外にも、1月にデルタ航空が運航する757型機が離陸中に機首の車輪を失ったり、今月初めにユナイテッド航空が運航する737-800型機の飛行後の点検でパネルの欠損が見つかったりするなど、一部の旧型機から発生した災難でニュースになっている。これらの事故は、各航空会社が責任を負うべき飛行機のメンテナンスに問題があったことを浮き彫りにしている。

バージニア州アーリントンに本社を置くボーイングの最近の苦境をいくつか見てみよう。

事故

今日ボーイング社に渦巻いている批判や調査の大部分は、同社のマックス・ジェットに集中している。就航中の航空機には、マックス8とマックス9の2つのバージョンがある。

ボーイングは2011年、ヨーロッパのライバルであるエアバスの燃費効率の良い新型機への回答として、マックスの開発に着手した。同社はこの機体を、ボーイングのベストセラー機となった機体の重要なセールスポイントであるパイロット訓練の追加をあまり必要としない、最新の737型機として宣伝した。

しかし、マックスは重要な変更点を含んでおり、ボーイングはそのいくつかを軽視した。最も重要なのは、この飛行機の大型エンジンを考慮した自動飛行制御システムの追加である。ボーイングはMCASと呼ばれるこのシステムについて、飛行機のマニュアルには記載しておらず、ほとんどのパイロットはそのことを知らなかった。

シアトルニュース SeattleJP

ボーイングの波乱は続く:

このシステムは、346人が死亡した2件の墜落事故に関与している。ひとつは2018年10月、インドネシアのライオン・エアが運航するマックス8がジャワ海に突っ込んだ事故、そしてもうひとつは2019年3月、エチオピア航空の737マックス8がアディスアベバを離陸して6分後にほぼ真下から畑に墜落した事故だ。

ボーイングは司法省の調査に和解するために25億ドルを支払うことに合意し、従業員が737マックスの安全性について規制当局を欺いたことを認めた。この金額には被害者家族のための5億ドルの基金が含まれていたが、訴訟は続いている。

同社が飛行制御システムの変更を行っている間、すべてのマックス・ジェット機は2年近くにわたり世界中で欠航した。調査の結果、政府の監督不行き届き、設計上の欠陥、そしてボーイング社の不作為の「恐ろしい集大成」と議会委員会が呼んだものが明らかになった。

さらなるMAXトラブル

1月にオレゴン州上空で発生したアラスカ航空の空中噴出事故は、マックス・ジェット機にも関係していた。規制当局によると、ボーイングの工場で航空機の修理作業が行われた後、ドアプラグパネルを固定するためのボルトが紛失していたという。

マックスはこの事故に至るまで、一連の製造上の問題に悩まされてきた。その数週間前、ボーイング社は、ある国際線の運航会社が定期整備中にナットの欠けたボルトを発見したことを受け、ラダーコントロールシステムのボルトが緩んでいる可能性がないかチェックするよう航空会社に要請した。別のケースでは、ボーイングは未納機のナットが適切に締め付けられていないことを発見した。

またFAAは最近、エンジン周りのインレットが過熱して破損する恐れがあるとして、マックスの防氷システムの使用を制限するようパイロットに指示した。ボーイング社は12月、長期的な修正策を開発する間の安全免除をFAAに要請した。同社は、より小型の新型機マックス7の顧客への納入を開始するために免除を必要としている。

ボーイングは昨年、マックス・ジェット機の胴体と尾翼の垂直セクションの接合部に問題があることを報告した。ボーイング社によると、カンザス州ウィチタに拠点を置くサプライヤー、スピリット・エアロシステムズ社が、一部の機体で「非標準の製造工程」を使用していたという。

ボーイングとスピリットはまた、737マックスの一部機種の胴体で、飛行機が巡航高度にあるときに圧力を維持する後部圧力隔壁に、不適切に開けられたファスナー穴を発見したと述べた。ボーイング社によると、この欠陥は一部の新型機の納入を遅らせる可能性があるが、すでに飛行中の機体に直ちに危険をもたらすものではないという。

エンジン火災とパンク

シアトルニュース SeattleJP

ボーイングの波乱は続く:

昨年6月、ユナイテッド航空のボーイング737マックスがニュージャージー州ニューアークに着陸した後、エンジン火災が発見され、連邦安全当局が調査中である。乗務員は飛行機がタキシングする際に火災警告表示に気づいた。

ボーイングの波乱は続く: – シアトルニュース
ボーイングの波乱は続く:
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月25日By