SeattleJP Mobile App

ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から3人目の遺体を収容

ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から3人目の遺体を収容
Last Updated: 2024年4月5日By
ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から…

ボルチモア-潜水チームは、ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋の崩落で死亡したと推定される3人目の建設作業員の遺体を収容した。

メイノール・ヤシール・スアゾ=サンドバルさん(38歳)は、キー橋がボルチモア港の極寒の海に沈んだ3月26日の崩落事故後、行方不明のままだった4人の作業員の1人だった。スアゾ=サンドバルの同僚2人の遺体は崩落の翌日に発見された。

当局によると、ダイバーがスアゾ=サンドバルの遺体を発見したのは金曜日の午前10時30分頃だったという。

シアトルニュース SeattleJP

ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から

「キーブリッジの崩落は、我々が法執行機関として直面した最も困難な悲劇のひとつであることは間違いない。メリーランド州警察のローランド・L・バトラー・ジュニア大佐は声明の中で、「地元、州、連邦の治安パートナーとともに、我々は決してあきらめない」と述べた。「愛する人が見つかったかどうか、まだ連絡を待っている家族がいます。 私たちは各家族のために終結を見出すことに全力を尽くしていることをお約束します」。

3月26日未明、ボルチモア港を出港した貨物船が橋に衝突したとき、合計8人の建設作業員が橋の上で作業していた。CBS Newsによると、2人は海から救助されたが、6人は行方不明。

ブラウナー・ビルダーズ社に勤務していた彼らは、崩落当時、橋の中央スパンの穴埋め作業をしていたという。彼らはエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ出身。

シアトルニュース SeattleJP

ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から

金曜日、ボルチモア市長のブランドン・M.

ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から – シアトルニュース
ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋崩落事故から
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By