SeattleJP Mobile App

ホロコーストと虐殺の歴史授業が2027-28年度までに義務化される可能性

ホロコーストと虐殺の歴史授業が2027-28年度までに義務化される可能性
Last Updated: 2024年1月17日By
ホロコーストと虐殺の歴史授業が2027-28年度までに義務化される可能性…

ワシントン州オリンピア発-ホロコーストとジェノサイドの歴史の授業は、提案された法律により、ワシントンの中高生に必修となる可能性がある。

「この法案の提出者である共和党のジョン・ブラウン上院議員は、「われわれは、この国のあちこちで、そして悲しいことにこの州でも、反ユダヤ主義が拡大しているのを目の当たりにしている。

「これはわれわれにできることであり、われわれが何とかすべきことだ」とブラウンは付け加えた。

上院法案5851には共和党と民主党のスポンサーがあり、その中には水曜日に証言したジェシー・サロマン上院議員も含まれている。

「彼らの人生は打ち砕かれた」とサロマン上院議員は語った。

2019年、議員たちは社会科の授業にホロコーストの授業を取り入れることを「強く推奨」する法律を可決した。

シアトルニュース SeattleJP
新しい提案では、このカリキュラムは2027-28年度から必修となる。学区は選択科目としてホロコーストとジェノサイド教育を実施するよう奨励される。

水曜日の朝、イングリッド・ステピック氏は法案に賛成する証言をした。

オランダで育ったステッピックは、家族がユダヤ人家族をかくまった後、妹と父親がナチスに捕らえられたと語った。

「私の両親はホロコースト教育など必要ありませんでした。彼らはそれを生き抜いたのです。そして私たちは国家として、自分たちの歴史から学ぶ必要があるのです」とステッピックは語った。

ルワンダ、カンボジア、ボスニアでのジェノサイドの生存者も証言した。

中でもセルマ・ポルカは、ジェノサイドの他の例をカリキュラムに含めるよう議員を激励した。

シアトルニュース SeattleJP

「私の経験に照らして、そして多様性、公平性、インクルージョンの精神に照らして、私はこう提案する。

ホロコーストと虐殺の歴史授業が2027-28年度までに義務化される可能性 – シアトルニュース
ホロコーストと虐殺の歴史授業が2027-28年度までに義務化される可能性
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月17日By