SeattleJP Mobile App

ブルース・ハレル市長、「財政難」の中、シアトルの雇用凍結を発表

ブルース・ハレル市長、「財政難」の中、シアトルの雇用凍結を発表
Last Updated: 2024年1月23日By
ブルース・ハレル市長、「財政難」の中、シアトルの雇用凍結を発表…

シアトル発-2025年に2億ドルを超える財政赤字が見込まれるシアトル市では、ブルース・ハレル市長が市の多くの部局に対して雇用凍結を発表した。

この凍結には例外があり、警察や消防などの第一応答者の雇用や、必要不可欠な公共サービスを提供するその他の職種の雇用が含まれる。また、有給育児休暇や介護休暇中の従業員の補充や、1月19日以前に内定が出された空席のポジションも除外される。

市長室は広報担当者を通じて、2025年には2億2900万ドル以上の赤字が見込まれ、大幅な財政ギャップが生じることを確認した。

「ハレル市長は、市が持続可能な財政軌道に到達できるよう、新たな歳入源や調整歳入源の可能性を含め、あらゆる要素を慎重に検討する姿勢を崩していません。

シアトルニュース SeattleJP

シアトル市は、2021年と2022年の大部分は黒字予算で運営されていたが、歳入見込みの大幅な減少により、2026年まで赤字格差が拡大する。

これは、シアトル市議会が1月に3分の2の議員を交代させ、エメラルド・シティのリーダーシップの新時代を迎えたばかりである。

ワシントン州西部の自治体で今後数年間の予算不足に直面しているのはシアトルだけではない。

シアトルニュース SeattleJP

キング郡の指導部は2023年4月、2025年に1億ドルの不足が見込まれることを明らかにしたが、これは固定資産税の徴収制限によるものだと主張している。

ブルース・ハレル市長、「財政難」の中、シアトルの雇用凍結を発表 – シアトルニュース
ブルース・ハレル市長、「財政難」の中、シアトルの雇用凍結を発表
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月23日By