SeattleJP Mobile App

ドナルド・トランプのワシントン州予備選投票権、キツァップ郡裁判所で決定へ

ドナルド・トランプのワシントン州予備選投票権、キツァップ郡裁判所で決定へ
Last Updated: 2024年1月16日By
ドナルド・トランプのワシントン州予備選投票権、キツァップ郡裁判所で決定へ…

ワシントン州キツァップ郡-アイオワ州共和党コーカスでドナルド・トランプ氏が圧勝した翌日、ワシントン州では共和党予備選の投票用紙にドナルド・トランプ氏の名前があることに対する異議申し立てが行われた。

キトサップ郡高等裁判所は火曜日の午前中に審理を予定している。以前、メイン州とコロラド州でも同様の訴訟があり、これらの州ではトランプ氏は予備投票に登場できないとの判決が下された。トランプは両判決を不服としている。

憲法修正第14条は、かつて憲法を擁護すると宣誓しながら、その後憲法に対する「反乱または反抗」に「従事」した者を公職から禁じている。一部の法学者は、2020年の大統領選挙を覆そうとし、連邦議会議事堂を襲撃するよう支持者を激励したトランプに、南北戦争後の条項が適用されると述べている。

シアトルニュース SeattleJP
連邦最高裁判所は今月初め、トランプ氏を投票から除外できるかどうかを決める裁判を審理することに合意し、2月初旬に弁論が予定されている。

コロラド州最高裁は12月、4対3の賛成多数で、トランプ氏を共和党予備選の投票用紙に載せるべきではないとの判決を下した。この判決は、大統領候補を投票から締め出すために憲法修正第14条が使われた初めてのケースだった。

トランプ氏はこれとは別に、メイン州の民主党州務長官であるシェンナ・ベローズ氏が、議事堂襲撃事件における同氏の役割をめぐって同州の投票用紙に記載する資格がないとした判決を不服として、同州裁判所に上訴している。コロラド州最高裁とメイン州長官の裁定は、いずれも上訴が決着するまで保留される。

シアトルニュース SeattleJP

3件

ドナルド・トランプのワシントン州予備選投票権、キツァップ郡裁判所で決定へ – シアトルニュース
ドナルド・トランプのワシントン州予備選投票権、キツァップ郡裁判所で決定へ
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月16日By