SeattleJP Mobile App

タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を発表へ

タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を発表へ
Last Updated: 2024年3月22日By
タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を…

ワシントン州タコマ – ピアース郡の陪審は金曜日に被告とされた殺人犯の運命を決定する。

マレケ・ペイトは4人殺しの疑いで、当時22歳であったが、2021年10月にタコマで起きた無差別襲撃事件で、4件の加重殺人の罪に問われている。

彼はマリア・ヌニェス(42)、彼女の息子エメリー・リース、ヌニェスの弟レイモンド・ウィリアムズ(22)、ウィリアムズのガールフレンド、ナターシャ・ブリンスフィールド(22)を殺害した罪に問われている。

この事件の最終弁論は水曜日に終わり、陪審の審議は木曜日の朝から始まる。

処刑スタイル

裁判が約3週間前に始まったとき、州はまず、タコマのサリシャン地区での無分別な暴力行為として、悲惨な犯行現場を説明した。引き金を引いた罪に問われているペイトは、ウィリアムズ、ブリンスフィールド、アイゼス、ヌニェスが車道で射殺されたことを検察官が説明する間、無感情な様子だった。

検察官は、ペイトは見知らぬ男で、結束の固い家族を暴力的に殺す動機はないと述べた。

裁判から

タコマ4人殺害容疑者の公判で911通報者が証言タコマ4人殺害で起訴された男の公判が始まる。

シアトルニュース SeattleJP

タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を

「何の理由もなく、何の感情もなく、一家を銃殺した。「処刑スタイルで殺した」と述べた。

これに対して弁護側は、州側の立証は状況証拠で構成されており、ペイトがこの恐ろしい犯罪に関与したという確たる証拠はないと陪審員たちに語った。

「ドラマチックなストーリーと悲劇はさておき、陪審員としての仕事、つまり目の前で聞いた実際の証拠に基づいて判決を下すことです。

目撃証言

ダニエル・モノスミスは、被害者が銃殺されたとされる家の借主であり、今月初めに証言台に立ち、銃声を聞き、窓から外を見ると、容疑者が車道で銃を発砲していたと主張した。

「助手席の窓に男が立っているのが見えました。「腕を伸ばしていました。彼の手には銃が握られていた。彼はそれを窓の中に入れていた。そして銃が暴発し、私は窓辺でよろめいた。

ウィリアムズは頭を撃たれていたが、まだ生きていた。その911番通報の中で、彼女はウィリアムズに助けが来るからがんばれと叫んでいるのが聞こえた。

「レイモンド、がんばって!大丈夫。今、救急車と電話で話しているところよ。ああ、来たわ!” モノスミスが叫んだ。「彼はまだ生きています!すぐに救急車を呼んで!”

シアトルニュース SeattleJP

タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を

911コールが法廷で流れると、ペイトは何の反応も感情もないように見えた。スーザン・アダムズ判事は後で彼に話しかけ、ギャラリーの人々に話しかけるために振り向くのをやめるよう求めた。

タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を – シアトルニュース
タコマ4人殺害事件のマレケ・ペイト裁判、陪審が評決を
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月22日By