SeattleJP Mobile App

タコマの警官、マヌエル・エリス死亡事件で内部調査により不当行為の疑いが晴れる

タコマの警官、マヌエル・エリス死亡事件で内部調査により不当行為の疑いが晴
Last Updated: 2024年1月15日By
タコマの警官、マヌエル・エリス死亡事件で内部調査により不当行為の疑いが晴…

ワシントン州タコマ – マニュエル・エリスの死で無罪となったタコマ警察の3人の巡査は、タコマ警察(TPD)の内部調査において不正行為がなかったと、彼らの弁護士が月曜日に我々に確認した。

エリスの死をめぐる裁判でマシュー・コリンズ巡査の弁護を担当したジャレッド・アウスラー弁護士は、エリスが死亡した夜、彼の依頼人の側に「不正行為は見つからなかった」ことを確認した。クリストファー・バーバンク巡査の弁護を担当したウェイン・フリック弁護士は、依頼人がTPDの内部調査によって容疑を晴らされたことを認識していることを確認した。

タコマ警察の広報担当者によると、警官たちは金曜日にエイブリー・ムーア署長と面会し、調査結果について話し合ったという。

シアトルニュース SeattleJP

ムーア署長は、内部調査に基づいて最終的な懲戒処分を決定する。この決定は先週下されるはずであったが、市は “プロセスの完全性を保ちつつ、可能な限り迅速に進める “として延期した。

バーバンクとコリンズは、ワシントン州検事局からエリスの死について第2級殺人と第1級過失致死で起訴された。ランキンは第一級過失致死罪で起訴された。

シアトルニュース SeattleJP

州側は、バーバンクとコリンズがエリスが死亡した夜にエリスと対立し、暴行を加え、不当に監禁し、死に至らしめたとしている。目撃者のビデオには、エリスが横たわっている間に警官たちがエリスを殴る様子が映っている。

タコマの警官、マヌエル・エリス死亡事件で内部調査により不当行為の疑いが晴 – シアトルニュース
タコマの警官、マヌエル・エリス死亡事件で内部調査により不当行為の疑いが晴
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月15日By