SeattleJP Mobile App

スノホミッシュ郡のボランティアは、今年のポイント・イン・タイム・カウントでより多くのホームレスが見られると予想している。

スノホミッシュ郡のボランティアは、今年のポイント・イン・タイム・カウント
Last Updated: 2024年1月23日By
スノホミッシュ郡のボランティアは、今年のポイント・イン・タイム・カウント…

ワシントン州エバレット-ジム・ディーンとリッチ・メンゼルは火曜日、スノホミッシュ郡の路上、路地、駐車場を歩いた。

「私たちのコミュニティがどのような状況にあるのかを知るために、これは正しいことなのです」とディーンは言う。

彼らは、複数の健康問題を抱える63歳のドメスティック・バイオレンス被害者、スーザンのような人々を発見した。

「彼女の話を聞くと涙が出ます」とリッチ。「こんなことがアメリカで起こってはならないのです

昨年のPoint In Timeカウントでは、スノホミッシュ郡で1200人近くの未入居者が見つかった。これは前年より8.5%増加し、2012年以降で最高となった。

この集計データは、ワシントン州内のどの地域にどれだけのホームレス対策予算が割り当てられるかを決定するために使用される。

シアトルニュース SeattleJP
スーザン・クリエストはスノホミッシュ郡福祉局のスーパーバイザーである。彼女によると、ホームレスの数が再び増えると予想される理由はたくさんある。

「フェンタニルの危機は改善されていません。パンデミックの影響を受け、立ち退きを迫られ、家賃を滞納している人がたくさんいます。COVIDの資金の多くはストップしています。ですから、多くの人々が多くの苦難に直面しています」とクリエスト。

しかし、この問題に対処するための作業は進められている。

広さ72,000平方フィートの新しい薬物・精神衛生施設の建設が進められている。これにより、エベレットで利用できるベッド数は16床から32床に倍増する。年間1,500人の治療が見込まれている。このプロジェクトはコンパス・ヘルス計画の第2段階であり、すぐ隣には82戸の支援住宅も追加された。

スノホミッシュ郡は最近、パンデミック対策資金を利用して、トランジショナル・ハウジングとして機能する2つのモーテルを購入した。また、路上生活者をナビゲーターと結びつけ、サービスにつなげるプログラムも進行中だ。

ジムとリッチにとっては、スノホミッシュ郡のホームレスの人たちに少なくとも1日でも目が届くようにしたいだけなのだ。

シアトルニュース SeattleJP

「つまり、今ホームレスの人にしてあげられる最善のことは、彼らがそこにいることを認識することです」とジム・ディーンは言う。「挨拶してください。彼らの目を見て。彼らが人間であることを知ってもらうことだ」。

スノホミッシュ郡のボランティアは、今年のポイント・イン・タイム・カウント – シアトルニュース
スノホミッシュ郡のボランティアは、今年のポイント・イン・タイム・カウント
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月23日By