SeattleJP Mobile App

スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火傷や裂傷の危険性によりリコールされた。

スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火傷や裂傷の危険性によ
Last Updated: 2024年3月22日By
スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火…

ネスレが製造し、冬休みに販売されたスターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、一部の使用者が火傷や裂傷を負ったという報告を受け、連邦安全機関によると回収されることになった。

米国消費者製品安全委員会は、マグカップを電子レンジで温めたり、非常に熱い液体を入れたりすると、過熱したり割れたりする可能性があり、火傷や裂傷の危険があると発表した。

同委員会によれば、マグカップは11月から1月にかけて、全米のターゲットやウォルマートなどで、店頭でもオンラインでも、ギフトセットによって約10ドル、13ドル、20ドルで販売された、

木曜日に規制当局が発表したところによると、指や手に重度の火傷や水ぶくれが9件、指に切り傷が1件を含む10件の負傷者が報告されている。全部で12件の事故が報告されている。

シアトルニュース SeattleJP

スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火

この4つのギフトセットは、11オンスと16オンスのサイズで、マグカップ2個付きのスターバックスホリデーギフトセット、スターバックスクラシックホットココアとマグカップ、スターバックスペパーミントとクラシックホットココアとマグカップ、スターバックスホリデーブレンドコーヒーとマグカップなど、いくつかのセットの一部として販売された。

消費者は直ちにマグカップの使用を中止し、購入先に返品するか、ネスレUSAに連絡して全額返金してもらう必要がある、と同機関は述べている。

ネスレは、同社サイトに掲載した別の声明で、消費者からの連絡で問題が発覚したと述べた。ネスレは「直ちに是正措置」をとり、リコールに関して米国消費者製品安全委員会と緊密に協力していると述べた。

シアトルニュース SeattleJP

スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火

ネスレは、このリコールは他のネスレUSAやスターバックス・ブランドの製品には関係ないと述べた。

スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火 – シアトルニュース
スターバックスブランドのマグカップ44万個以上が、火
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月22日By