SeattleJP Mobile App

シアトルは、2020年の抗議行動で警察が過剰な武力を行使したとする抗議者たちに1000万ドルを支払う。

シアトルは、2020年の抗議行動で警察が過剰な武力を行使したとする抗議者
Last Updated: 2024年1月24日By
シアトルは、2020年の抗議行動で警察が過剰な武力を行使したとする抗議者…

シアトル市は、警察に拘束されて死亡したジョージ・フロイド氏の死後、シアトルのキャピトル・ヒル地区で抗議活動を行った50人に1000万ドルを支払うことに合意した。

シアトル – シアトル市は、2020年の人種差別撤廃デモに対する警察当局の高圧的な対応について訴えた50人のデモ参加者に対し、1000万ドルを支払うことで合意した。

デモ参加者たちは、ミネアポリス警察によるジョージ・フロイド殺害事件後、数週間にわたってダウンタウンとキャピトル・ヒル地区で集会を開いた数万人のうちの1人で、この期間、シアトル警察署は東署の建物を放棄し、デモ参加者たちによって6ブロックが占拠された「キャピトル・ヒル占拠デモ」が設立された。

当時のカーメン・ベスト署長率いる警察署は、閃光手榴弾、発泡スチロール、爆発して唐辛子ガスを放出するブラストボールなど、群衆を分散させるために攻撃的な手法を用いた。

抗議行動中、群衆の中にはパトカーを燃やしたり、東署で放火を試みるなど、被害をもたらした者もいた。しかし連邦判事は、平和的なデモ参加者に対して化学兵器やその他の武器を無差別に使用することをやめるよう同署に命じた。

ベストとジェニー・ダーカン市長(当時)が中止を約束した後も警察が化学兵器を使用したため、市議会は全会一致で警官の使用を禁止した。

シアトルニュース SeattleJP
この訴訟の原告の一人であるオーブリアナ・インダは、暴徒鎮圧服に身を包んだ警官の大群を前に通りの真ん中に立っていたところ、爆風玉が彼女の胸に当たって爆発し、心停止状態に陥った。ボランティアの衛生兵と他のデモ参加者が心肺蘇生を行い、彼女を病院に運んだ。

その他にも、指の一部を吹き飛ばされた10代の若者、催涙ガスとタックルを受けた杖をついた身体障害者の退役軍人のほか、難聴、骨折、脳震盪、ひどい打撲、PTSD、その他の怪我を負った数十人がいたという。

この訴訟には、警察の身体装着カメラによる録画を含む1万本以上のビデオと、数百人の目撃者のインタビューが含まれている。

「歴史家は私たちが収集したものを見直し、平和的抗議者に対する市の恥ずべき行動の真実の物語を書くべきです」と、原告側の弁護士であるカレン・ケーラー氏は水曜日の声明で述べた。

アン・デイヴィソン市弁護士は声明の中で、訴訟は時間と資源の「著しい消耗」をもたらしたと述べ、シアトルは火曜日に署名された和解案で責任を認めていないと述べた。

「この決断は、リスク、コスト、保険を考慮すると、市にとって最善の財政的決断であった」とデイヴィソン弁護士は述べた。

シアトルニュース SeattleJP

3ヶ月の裁判は5月に始まる予定だった。

シアトルは、2020年の抗議行動で警察が過剰な武力を行使したとする抗議者 – シアトルニュース
シアトルは、2020年の抗議行動で警察が過剰な武力を行使したとする抗議者
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月24日By