SeattleJP Mobile App

シアトルの親子2代が活版印刷を守り続ける

シアトルの親子2代が活版印刷を守り続ける
Last Updated: 2024年1月18日By
シアトルの親子2代が活版印刷を守り続ける…

シアトル – 40年以上もの間、シアトルのある家族経営の会社は、100年以上前の道具と純粋な情熱を使って、古めかしい商売を守り続けてきた。

ビーコン・ヒル地区にあるデイ・ムーン・プレスは、レタープレス印刷を専門としている。手作業で動く機械を使って、インクを表面に塗り、紙に押し付けることで「凸版印刷」を作る。

「その本質は1500年代、1600年代からほとんど変わっていません」と、この小さなビジネスを立ち上げたマウラ・シャプレーは言う。

この古くからの商売はルネッサンスを迎えているが、シャプレーにとってはカムバックとは呼べない。

「私はずっと活版印刷をやっていましたから、活版印刷の復活に流れ着いただけです」と彼女は言う。

彼女は1976年に印刷機1台でデイ・ムーンをオープンし、夫のジャックとともに数十年にわたり経営してきた。

私たちが物理的に何をしているのか、誰かにとてもとても素早く説明しようとすると、”1932年のように印刷し、そこで満足している “というようなことになります」とシャプレーは言う。

最近では、1920年代に製造された機械がまだ稼動している。しかし、シャプレーは、これまでで最高の見習いに業務を引き継いだ。娘のテス・ルノワールだ。

「私は毎日学校から帰ってきて、ここにいたのよ」とルノワールは笑った。

シアトルニュース SeattleJP

かつては活字をおもちゃのように扱っていた彼女だが、今では古めかしい技法を守ることに全力を注いでいる。ルノワールは、美術の学位と活版印刷に必要な思慮深い工程を兼ね備えている。数学と工学と忍耐が必要なのだ。

「ルノワールは言う。「今でも根本的に難しくて複雑なのだから、自分がやっていることをするためには、かなり気を遣わなければならない。

デイ・ムーンは、グリーティングカードや招待状から装飾詩やイベントポスターまで、あらゆるものを印刷している。

いつかは機械も活字も古くなるだろうが、ルノワールはデイ・ムーンを博物館として機能させようとは考えていない。

「ストラディヴァリ・ヴァイオリンというわけではありませんが、有用で適切であるためには、まだ使い続けられるべきです」と彼女は言う。

ルノワールは、古い技術を使って新しい芸術を創造することで、このヴァイオリンをより適切なものにしようとしている。シャプレーは技術的には引退しているが、プリンターとして、また一人の親として、自分が作ったものの将来を見守るために、今でも多くの時間を店で過ごしている。

「もし私がもっと賢くて勇敢だったら、こんなことをやってみたかったということの延長線上にあるものを見るのは、私にとって素晴らしいことです」と彼女は笑って言った。「毎日驚いています。大好きよ」と彼女は笑った。

デイ・ムーンでは印刷の仕事に加え、小規模なワークショップや学校見学会も開催している。場所は3320 Beacon Ave. 月曜日から土曜日の午後12時から5時まで営業している。

シアトルニュース SeattleJP

私たちの夕べは北西部を祝います。連絡先 フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、Eメール

シアトルの親子2代が活版印刷を守り続ける – シアトルニュース
シアトルの親子2代が活版印刷を守り続ける
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月18日By