SeattleJP Mobile App

シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストーカーで有罪判決 警察と検察

シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストーカーで有罪判決
Last Updated: 2024年3月24日By
シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストー…

シアトル – シアトルのある男が、元ルームメイトとその家族、ボーイフレンド、警察、検察に対してサイバーストーキング・キャンペーンを展開したとして、このほど有罪判決を受けた。

事件の記録と公判での証言によると、2020年、スミト・ガルグ(34歳)は、かつてガルグの妻とアパートをシェアしていた女性に対する脅迫と性的なメッセージや投稿の大規模なキャンペーンを開始した。

司法省(DOJ)によると、ガルグは配偶者と同居した後、元ルームメイトの個人情報にアクセスし、集めた個人情報を使って元ルームメイトを脅し、苦しめた。

元ルームメイトが嫌がらせを警察に通報した後、2020年4月、ガルグと彼の妻は、自分たちも嫌がらせの被害者であるかのように見せかけるために虚偽の警察報告を行った。

司法省によると、ガルグは自分のコンピューター技術を利用して、元ルームメイトの複数の関係者(民事保護命令を得るために彼女の代理人となった彼女の叔父、彼女のボーイフレンド、脅迫を調査したシアトル警察の刑事、さらにはガルグの違法なストーカー行為を起訴した副検察官)を脅迫した。

司法省によれば、ガルグは自分のコンピューター技術を駆使して、誰が脅迫を送り、誰が投稿したかを隠そうとした。

シアトルニュース SeattleJP

シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストー

DOJによれば、ストーカー行為は次第に暴力的になり、最終的にはレイプ、拷問、死といった陰惨な脅迫を含むようになったという。司法省によれば、ガルグのストーキング・キャンペーンは、最終的にはストーキング目的で設定された多数のアカウントから送信された数千通の電子メールに及んだという。

ストーカー行為中のある時期、ガルグは被害者の新しいアパートのロビーでビデオ撮影され、同時にその場所の写真が撮影され、被害者を怖がらせるために送信された。

ガルグは、ストーカー行為に妻の協力を得るため、服役中に妻や他の人に嫌がらせのメールを送り、他の誰かがやっているように見せかけた。

司法省によると、彼はまた、元ルームメイトのアパートのロビーにいるときに着ていた服を破棄するよう妻に指示したという。妻はこれに同意し、メールを送ったが、衣類は破棄せず、最終的には捜査当局に協力した。

ガルグの妻は裁判での証言で、彼が連邦政府の容疑で逮捕され、言葉や身体で彼女を虐待するために家に戻ることはないだろうというとき、ようやく自由に真実を話すことができたと語った。

ガルグは2021年3月に起訴され、それ以来シータックの連邦拘置所に拘留されている。司法省によると、彼はサイバーストーカー行為の共謀、刑事命令違反のサイバーストーカー行為3件、サイバーストーカー行為3件で有罪判決を受けた。彼の判決は2024年6月25日に予定されている。

シアトルニュース SeattleJP

シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストー

司法省によると、サイバーストーキングの共謀は最高5年の禁固刑に処される。刑事命令に違反したサイバーストーキングは、強制的に最低1年、最高5年の懲役に処される。サイバーストーキングは最高5年の懲役刑に処される。本件はシアトル警察の協力の下、米国シークレットサービスが捜査中である。

シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストー – シアトルニュース
シアトルの男、元ルームメイトへのひどいサイバーストー
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月24日By