SeattleJP Mobile App

ケンモア・エアとピュヤラップ・トライブが新飛行ルートを開設。この路線で行く

ケンモア・エアとピュヤラップ・トライブが新飛行ルートを開設。この路線で行
Last Updated: 2024年1月20日By
ケンモア・エアとピュヤラップ・トライブが新飛行ルートを開設。この路線で行…

ワシントン州タコマ-ピュアラップ・インディアン部族とケンモア・エアは、この春、水上飛行機旅行者に新しいルートを提供する。

最近のニュースリリースによると、ケンモア・エアは5月16日(木)、タコマのラストン・ウェイ沿いにあるピュアラップ部族エア・ターミナルを出発し、サンファン島へのフライトを開始する。

ピュアラップ部族エア・ターミナルの水上飛行機ドックは、ラストン・ウェイ沿いのRAMレストラン&ブルワリーと旧C.I.シェナニガンズ・レストランの間に位置する。部族は2021年に約2エーカーの敷地を購入し、昨年夏に初飛行を行った。

「ピュアラップ・エアー・ターミナルの初年度は大成功を収め、サンファン島へのフライトが追加されたことで、今後も成功が続くでしょう」と、部族の統治機関であるピュアラップ部族評議会は声明で述べた。「ラストン・ウェイの将来とケンモア・エアとのパートナーシップに期待しています。

新路線では、ラストンウェイ発フライデー・ハーバー・マリーナ行きとラストンウェイ発ロシュ・ハーバー・マリーナ行きが1日2便、復路が1日2便運航される。

シアトルニュース SeattleJP
タコマのピュアラップ部族エア・ターミナルを午前9時30分と午後4時に出発し、復路は午前11時45分と午後6時15分に到着する。

これに比べ、タコマからサンファン島までは、ワシントン州フェリーを利用する必要があるため、車で約4時間かかる。

2023年、同部族は30分間のサウスサウンド遊覧飛行ツアーを1人109ドルでデビューさせ、レーニア山、タコマ・ナローズ・ブリッジ、ピュージェット湾などの名所を空から乗客に案内した。昨年は100便を超えるケンモア・エアのフライトがラストン・ウェイを出発し、約1,000人の乗客を乗せた。

「ケンモア・エアのデビッド・グッゲル社長は、「ケンモア・エアは、タコマから絵のように美しいサンファン島への直行便を新たに就航させることで、ピュアラップ部族とのパートナーシップと協力関係を継続できることに興奮しています。「私たちは、サンファン島への比類ない利便性とアクセスの良さを提供し、地域間のつながりを強化するという献身的な姿勢を共有しています。このパートナーシップは、旅行体験を向上させ、この地域の成長を促進するという私たちの相互の願いを強調するものです。

ケンモア・エアは25機の航空機と52人のパイロットを擁し、ピーク時には250人以上の従業員を抱える。また、将来的にはピュアラップ部族に航空職業訓練プログラムを提供する予定だという。

シアトルニュース SeattleJP

ニュースリリースによると、ケンモア・エアとの提携により、ピュアラップ部族は水上飛行機サービスを提供する国内唯一の部族となる。

ケンモア・エアとピュヤラップ・トライブが新飛行ルートを開設。この路線で行 – シアトルニュース
ケンモア・エアとピュヤラップ・トライブが新飛行ルートを開設。この路線で行
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月20日By