SeattleJP Mobile App

ケイト妃、がんと診断される

ケイト妃、がんと診断される
Last Updated: 2024年3月22日By
ケイト妃、がんと診断される…

キャサリン妃は金曜日に、がんと診断され化学療法を受けていることを発表した。

この診断は、キャサリン妃が1月にロンドン・クリニックで予定されていた腹部の手術を受けた後に下された。手術は成功し、イースターの後まで公務から遠ざかりそうだという。

金曜日にキャサリン妃は、当時、医師たちは彼女の病状が癌ではないと信じていたと語った。手術後の検査で、それは間違いであることがわかりました。

「そのため、私の医療チームは、予防的な化学療法を受けるべきだとアドバイスし、私は今、その治療の初期段階にいる」と彼女は語った。「このことはもちろん大きなショックで、ウィリアムと私は若い家族のために、このことを個人的に処理し、管理するためにできる限りのことをしてきました。

キャサリン妃は、どのようながんであるかは明かさなかった。

シアトルニュース SeattleJP

ケイト妃、がんと診断される

キャサリン妃は2011年にウィリアム王子と結婚。ふたりには3人の子供がいる: ジョージ(10歳)、シャーロット(8歳)、ルイ(5歳)。

ケイト・ミドルトン元夫人はクリスマス以来公の場に姿を見せず、彼女の健康状態についてネット上で様々な憶測を呼んでいた、とBBCニュースは報じている。

今月初め、ケンジントン宮殿が手術後のキャサリン妃の写真を初めて公開したことで、その詮索はさらに強まった。キャサリン妃とその子供たちが写ったこの写真は、何の告知もなく加工されたものだったため、後に取り消しを余儀なくされた。

先月、バッキンガム宮殿は国王チャールズ3世ががんと診断されたことを確認した。この診断は、1月に良性の前立腺疾患の治療のために病院で手術を受けた後に下された。

シアトルニュース SeattleJP

ケイト妃、がんと診断される

この続報はまた後日。

ケイト妃、がんと診断される – シアトルニュース
ケイト妃、がんと診断される
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年3月22日By