SeattleJP Mobile App

クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生きていると信じていると語る

クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生きていると信じていると
Last Updated: 2024年4月12日By
クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生き…

ノースポート・デイリー・サン紙によると、フロリダ州のある男性は、18階建てのクルーズ船から飛び降りた20歳の息子がまだ生きていると信じているという。

フランセル・パーカー氏によると、息子のレヴィオン・パーカーは4月4日、ロイヤルカリビアン客船 “リバティ・オブ・ザ・シーズ “から飛び降りた際、家族が恐怖のあまり見守る中、複数の浮揚器具を投げつけられたという。

「彼が横から飛び降りるとすぐに、私は彼のために祈りました。「息子のために捧げた祈りは聞き届けられたと確信しています。私は神の言葉を信じています。息子は生きていると信じています

ロイヤル・カリビアンはニューヨーク・ポスト紙の声明で、同船の乗組員は “直ちに米国沿岸警備隊とともに捜索救助活動を開始した “と述べた。

シアトルニュース SeattleJP

クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生き

目撃者によると、パーカーは4月4日未明、飲酒について父親に詰め寄られた。レヴィオン・パーカーは父親に「今すぐ解決する」と言ったが、その直前、彼は窓から海に飛び込んだ。

「酒は飲まない。どうして息子があんなにたくさんの酒を飲まされたのか知りたい」と、年長のパーカーは同誌に語った。米国発のロイヤル・カリビアン・クルーズの飲酒年齢は21歳である。

パーカー氏は、息子は船内でアルコールを飲んでいたが、船から飛び降りたのは自殺未遂ではなかったと語った、とサンは報じている。

船はキューバとバハマのグランド・イナグア島を4日間航海した後、フォートローダーデールに向かっていた。

シアトルニュース SeattleJP

クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生き

沿岸警備隊は週末、パーカーの捜索を中断した。

クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生き – シアトルニュース
クルーズ船から飛び降りた20歳の父親、息子はまだ生き
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月12日By