SeattleJP Mobile App

キング郡で11件の高速道路での発砲事件を受けて、警察とWSPがパトロールを強化

キング郡で11件の高速道路での発砲事件を受けて、警察とWSPがパトロール
Last Updated: 2024年1月18日By
キング郡で11件の高速道路での発砲事件を受けて、警察とWSPがパトロール…

ワシントン州キング郡-今月に入り、高速道路での発砲事件が12件近く報告されたため、キング郡では複数の警察当局が、発砲事件抑止のために存在感を高めている。

今年に入ってから、ワシントン州パトロールはキング郡で11件の高速道路での発砲事件を捜査している。

ワシントン州パトロール(WSP)のリック・ジョンソン隊員によると、今年の銃撃事件のほとんどはキング郡南部で発生している。ジョンソン氏によると、2022年と2023年には、WSPは毎年合計で約55件の高速道路での発砲事件に対応したという。

シアトルニュース SeattleJP
木曜日の夜、WSPとケント、オーバーン、パシフィックの法執行機関は、銃撃事件が発生した地域のパトロールを強化した、とジョンソン氏は述べた。

このパトロールの強化は、フリーウエイ沿いで起こりうる発砲事件を抑止し、関心を引く車両を探し、起こりうる事件に迅速に対応するためである、とジョンソン氏は言う。天候が許せば、州警察の航空部門も参加する可能性がある。

1月2日、州パトロールはサウスヒル地区でフリーウェイの発砲事件に対応し、その後エリングソン近くの州道167号線で車上荒らしの発砲事件に対応した。

シアトルニュース SeattleJP

WSPはまた、1月16日に州道18号線で、1月17日には州道164号線での車上狙い銃撃事件に連続して対応した。

キング郡で11件の高速道路での発砲事件を受けて、警察とWSPがパトロール – シアトルニュース
キング郡で11件の高速道路での発砲事件を受けて、警察とWSPがパトロール
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月18日By