SeattleJP Mobile App

オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシントンで回復中

オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシントンで回復中
Last Updated: 2024年4月9日By
オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシ…

ワシントン-オレゴンで座礁した寒さに耐えられなくなったウミガメが、ワシントンの救助センターで回復している。

太平洋岸北西部の海洋野生生物の救助と保護を目的とする非営利団体SR³のFacebook投稿によると、このアカウミガメは3月26日、オレゴン州ニューポート近郊のサウスビーチで座礁した。

この地域の冷たい海水に唖然としたカメは、発見時の体温が華氏54.8度だったという。SR³によると、通常75度前後で推移するこの海洋爬虫類は、もはや航行することができず、この状態では「波に翻弄されている」という。

ニューポートの地元住民がカメを発見し、オレゴン・コースト水族館に通報した。SR³によると、このウミガメは体重53ポンド強の亜成体と確認された。

シアトルニュース SeattleJP

オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシ

このウミガメは4月3日にSR³の保護下に移され、ワシントンのセンターでリハビリが行われる。クルーによると、このウミガメはSR³のプールで体を温めながら、健康上の問題がないかをチェックしているという。

2月には、セイリッシュ海から救出されたアカウミガメが低体温症になり、バンクーバー水族館に運ばれた。現在モイラと名付けられた彼女は、この地域で目撃された同種のカメとしては2匹目である。

水族館によると、このウミガメは「明らかに苦しそう」にケルプのベッドに浮いているところを発見された。彼女の救出は、カナダ漁業海洋省と海洋生物学者のアンナ・ホール博士によって進められた。

SR³によると、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州のMarine Mammal Stranding Networkに1-866-767-6114まで電話すれば、座礁したウミガメを報告できるという。

シアトルニュース SeattleJP

オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシ

アメリカ海洋大気庁によると、アカウミガメは主に亜熱帯および温帯地域に生息している。アカウミガメの目撃例は、北はアラスカ、南はチリまで報告されている。

オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシ – シアトルニュース
オレゴンで発見された寒さにやられたアカウミガメがワシ
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月9日By