SeattleJP Mobile App

ウェスト・シアトルでの発砲事件を受けて、学生によるウォークアウトが実施された。

ウェスト・シアトルでの発砲事件を受けて、学生によるウォークアウトが実施さ
Last Updated: 2024年1月29日By
ウェスト・シアトルでの発砲事件を受けて、学生によるウォークアウトが実施さ…

シアトル – ウェスト・シアトルの高校生たちが月曜日、抗議のために授業を休んだ。

このデモは、15歳のモバラク・アダム君の命を奪った射殺事件を受けてのもの。

銃乱射事件は1月23日、モバラク君が通っていたチーフ・セルス・インターナショナル高校のすぐ近くで起こった。

月曜日の正午、クラスメートはモバラクの妹、レイラ・アダムの話を聞くために集まった。

「こんなことは許されません。あってはならないことです。あってはならないことです。「私たちが一緒になることで、声明を出すことができればいいのですが……」とレイラ・アダムは言った。

シアトルニュース SeattleJP
「彼が死んだと思うと、何日も眠れなかった。彼のお母さん、彼の家族がかわいそうです」とモバラク・アダムの友人の一人は言った。

先週の銃撃事件は、サウスウェスト・プールとティーン・ライフ・センターで起こった。警察は、この施設の浴室内で発砲があったとの通報を受けた。そこでモバラクが発見された。

苦悩と怒りの後、行動への呼びかけがあった。

「私たちがすべきことは、コミュニティとして団結し、声を上げ、選挙で選ばれた指導者たちやその他の当局者たちに、実際に具体的な行動をとるよう要求することです」と、ピュージェット・サウンドのムスリム協会でアメリカン・ムスリム・エンパワーメント・ネットワークのエグゼクティブ・ディレクターを務めるアニーラ・アフザリは言う。

「銃に対する規制を強化しなければなりません。銃へのアクセスを減らすべきです。もっと規制が必要です」とモバラクの兄は言う。

シアトルニュース SeattleJP

モバラクさんの家族は、発砲事件が起きた市営施設に監視カメラを設置するよう求めている。

ウェスト・シアトルでの発砲事件を受けて、学生によるウォークアウトが実施さ – シアトルニュース
ウェスト・シアトルでの発砲事件を受けて、学生によるウォークアウトが実施さ
シアトルJP

シアトルニュース | シアトルJP | シアトル

シアトルおすすめリンク

ツイッター

Last Updated: 2024年1月29日By