SeattleJP Mobile App

ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するため解体工事中

ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するため解体工事中
Last Updated: 2024年4月8日By
ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するた…

ワシントン発 – 州が抱えるベッド待ち患者の滞留を解消するための新しい法医学病院建設のため、ウェスタン州立病院の取り壊しが始まった。

ワシントン州社会保健サービス局(DSHS)は、何年にもわたり、患者が州立病院のベッドを待つのに数カ月も待たされるため、罰金や支払いなどで何百万ドルもの負担を強いられてきた。

月曜日に、ウェスタン州立病院に350床の新施設を建設するための一歩として、築100年近い建物の取り壊しが始まった。

DSHSキャピトル・プログラムのアーロン・マルティネス氏は、「これは能力回復のためのもので、これらのベッドはすべて、現在我々が抱えているバックログを減少させるものです」と語った。

過去には数百人の患者が数ヶ月待たされ、その多くは郡拘置所の受刑者で、裁判を受け、裁判手続きを続けられるようになるための精神保健サービスを待っていた。

また、DSHSはこの問題で複数の訴訟にも直面している。

シアトルニュース SeattleJP

ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するた

「これでDSHSはページをめくり、新しい時代へと歩み始めることを望んでいます」とマルティネス氏は語った。

この9億4700万ドルのプロジェクトが完了すれば、新しい法医学病院は法医学ベッドを800床以上に増やすことになる。

「新病院と管理棟のために撤去しなければならない建物が12棟あります」と、解体工事を担当するクラーク・コンストラクション社のテイラー・ジョンソン氏は言う。「12棟のうち5棟を取り壊しました」。

これは長いプロセスのほんの一歩に過ぎないが、DSHSの職員によれば、患者の滞留への対応は進んでいるという。

DSHSのデータによると、昨年の今頃は400人近くが平均約90日待たされていた。DSHSのデータによると、昨年の今頃は400人近くが平均約90日待たされていた。

「この問題が緩和されることを願っています」とマルティネス氏は言う。「一朝一夕に変わるものではありません。

シアトルニュース SeattleJP

ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するた

その間、DSHSは患者をDSHSの他の施設に移しており、このプロジェクトが現在の病床数に影響を与えることはない。

ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するた – シアトルニュース
ウェスタン州立の新法医学病院、患者の滞留に対応するた
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月8日By