SeattleJP Mobile App

これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの女性が皆既日食を見るためにテキサスへ旅立つ

これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの女性が皆既日食を見る
Last Updated: 2024年4月5日By
これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの…

テキサス州ワクサハチエ – シンディ・クラークは1979年の皆既日食を見たことを覚えている。当時7歳だった彼女はたちまち夢中になった。

以来、天文学は趣味の域を超え、生涯の情熱となった。

ボニーレイクに住む彼女とその家族は、2023年10月の金環日食の通り道になるようオレゴン州へ旅立った。そして今、同じグループが4月8日の皆既日食を見るためにテキサスを旅している。

これは彼女が何年も前から計画していた旅行だ。彼女は皆既日食の経路を調べ、4月上旬に最も天候が良い地域をリサーチし、テキサス州ワクサハチに決めた。彼女はすぐにその地域の賃貸住宅を予約し、2022年にそれを確保した。ここ数週間、彼女はまた、望遠鏡を安全にテキサスまで運ぶため、波状輸送を行っている。

シアトルニュース SeattleJP

これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの

「私にとっては、これは多段階の計画です。私はそれをすべて考え、カレンダーにレイアウトする必要がありました、そして私は準備ができています。この時点で必要なのは、晴れた空だけです」とクラーク。

彼女は、この天体イベントは特別なものになるだろうと語った。というのも、次の日食がアメリカで起こるのは、あと20年先のことだからだ。

「ちょっと感傷的になりそう。ほろ苦い気持ちになりそう。今回の日食の魅力は、4分ほど続くことだけど、2044年までアメリカ本土で見られる最後の日食になるんだ。だから願わくば、私はまだ生きていたい。でも、これは私にとって本当に大きなもので、ずっと楽しみにしてきた」と彼女は語った。

シアトルニュース SeattleJP

これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの

クラークは、数少ない日食を大切にすることが目標だと語った。

これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの – シアトルニュース
これは私にとって本当に大事なこと」:ボニー・レイクの
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月5日By