SeattleJP Mobile App

あの子は意志のある子」: 母の墓石のためにレモネードを売る少女

あの子は意志のある子」: 母の墓石のためにレモネードを売る少女
Last Updated: 2024年4月7日By
あの子は意志のある子」:…

アラバマ州スコッツボロ – 人生は時に人にレモンを渡す。しかし、アラバマ州の7歳の少女はそれをレモネードに変え、スコッツボロの自宅前で飲み物を売って、最近亡くなった母親の墓石の費用を捻出した。

この地域の寛大な住民のおかげで、エモウリー・ジョンソンの母親の墓石と葬儀の費用が支払われたと、この子の祖母は金曜日にフェイスブックに投稿した。ガンタースビルのレホベス宣教バプテスト教会墓地にあるカーリ・ボードナーの最後の安息の地には、墓石が設置される予定である。

葬儀の費用を捻出するために、小学2年生の女の子が墓石を買うためにレモネードを売り始めたのがきっかけだった。死亡記事によると、カーリ・ボードナーは3月13日に亡くなった。彼女は29歳で、3月17日に30歳になるはずだったとジャクソン・カウンティ・センティネル紙は報じている。彼女は誕生日の翌日に埋葬された。

WAFF-TVが報じたところによると、エモウリーちゃんの祖母ジェニファー・ボードナーさんは、レモネードを売ることを思いついたのはエモウリーちゃんだったという。

「エムリーちゃんは特別な子です。「あの子は……この女性が怪我をしていたら、何か持っていって助けてあげようとする子なんです」。

レモネード・スタンドは4個のレモンから始まった。

シアトルニュース SeattleJP

あの子は意志のある子」:

「私は本当に何も考えなかった。彼女は、『ママのものを助けるためにやりたいの』って言ったんだ。そして、彼女の写真を撮ってフェイスブックに載せるように言われました」。

金曜日には、近所の人たち、消防士、看護婦、保安官代理がレモネードを買いに来て、1杯1ドルだったとWAFFは伝えた。テレビ局によると、エモウリーはある時、客から100ドル札を何枚も受け取ったという。

「ありがとう。皆さんのおかげで神に感謝します。「エモウリーさんのお母さんの葬儀は無事終わり、墓石も寄付されることになりました。エモウリーへの神からの贈り物として、これほど素晴らしいものを経験したことはありません。感謝してもしきれません。

センチネル紙によると、この寄付金は、地域のクリスタルのファーストフード店でシフト・スーパーバイザーを務めていたカーリ・ボードナーが保険に加入していなかったため、大いに役立ったという。

「私の娘に、このことがどれほど素晴らしいことなのか、そして彼女の娘がどれほど特に素晴らしい存在なのかが伝わるといいのですが……」と、ボードナーさんはWHNT-TVに語った。”皆さんに感謝します。そして神に感謝します。これは私が経験した中で最も辛いことのひとつで、このコミュニティが私を助けてくれたからです。”

Emoureeは、美容とメイクアップが彼女の情熱であり、彼女はいつかユーチューブスターになることを望んでいると述べた。しかし、今はまだ、飲み物を売るという自分のジェスチャーが何を達成するのかに驚いている。

シアトルニュース SeattleJP

あの子は意志のある子」:

「ちょっとレモネードを作っただけで、こんなにたくさんの人が来てくれるなんて」とエムリーはテレビ局に語った。「楽しいと同時に、信じられない気持ちです」。

あの子は意志のある子」: – シアトルニュース
あの子は意志のある子」:
シアトルJP

シアトルニュース

シアトルおすすめリンク

Instagram
Twitter
Facebook

Last Updated: 2024年4月7日By